参考図書(養蚕・織物の信仰や民俗ほか)

このテーマに絞った本は少ないですが、比較的入手しやすいもの。

■研究書・図録


「蚕 絹糸を吐く虫と日本人」畑中章宏
晶文社、1800円+税。入門書としてお手ごろです。


「蚕と絹の民俗(歴春ふくしま文庫31)」村川友彦
中古で購入。福島県の資料が中心ですが、内容は充実していてお手ごろです。


「養蚕と蚕神 近代産業に息づく民俗的想像力」沢辺満智子
6000円くらいして高いのがネックですが、こういう研究書がまだ出てくるのはいいですね。


「絹Ⅰ・Ⅱ(ものと人間の文化史)」伊藤智夫
定番ですね。中央図書館レベルであれば、たいがいどこでもあるのでは。


「養蚕の神々~蚕神信仰の民俗~」阪本英一
群馬県の事例が中心ではありますが、がっつり資料が詰まった養蚕信仰を知るマストアイテム!


「養蚕の神々 繭の郷で育まれた信仰」安中市ふるさと学習館
図録。カラー写真が多いので楽しめます。1000円だったかな?(まだ在庫があるかは?


「駒ヶ根シルクミュージアム 常設展示図録」
とてもズッシリ詰まった図録です。ミュージアムを見学するのが一番ですが、これだけでもかなり満足度高いです。


「伊那谷の養蚕を支えた人々と蚕玉神」駒ヶ根シルクミュージアム
図録。長野県伊那地方の養蚕で特筆される組合製糸龍水社など様々な事業者・研究者などの紹介と地域に残る個性豊かな蚕玉様の石塔・神像などが紹介されています。


「特別展 蚕業遺産×ミュージアム」京都府立丹後郷土資料館
特別展の図録とは思えない迫力ある内容です!(笑)


「糸の世紀・織りの時代~湖北・長浜をめぐる糸の文化史~」長浜市長浜城歴史博物館
地域の特産である浜縮緬が中心ですが、やはり独特の歴史がありますね。


「横浜・生糸」Ⅰ「かいこと暮らす」Ⅱ「白き糸の調べ」シルク博物館
企画展の図録です。横浜は貿易関係の資料は多いですが、こういう民俗系のものが手に入らなくなってしまったので、もっとがんばって出して欲しいです(笑)


「オシラ神の発見」遠野市立博物館
図録。蚕神としても信仰されていたオシラサマ。馬頭観音と馬娘婚姻譚、桑の木に織物を着せるなど、とても気になる民俗についてたくさんの写真で知ることができます。


「桑の文化誌」千曲会編
絶版だと思うけど中古でゲットしました。蚕関係の本は多いけど、桑の民俗関係の本ってあまりないかも。昔の本では、柳田国男や石田英一郎の論文、通俗的にまとめたものでは、「桑の話」(岡野康之「蚕糸の光」昭和12年)、「桑」(三井高孟「蚕業評論」)、「桑の木とおばば様」(井出二三子・青山書房)などを参考にまとめたものだそうです。
かなりよく調べてあって、資料としては良書だと思います。ただ最大の欠点は、桑林寺の記述が全く無い。先人も相当に調べたけど、見つからなかったということなのかな・・・


「日本の染と織」伊藤佐智子
美しい写真が満載です。


「うちおり~清瀬市及び周辺地域の自家製織物~」清瀬市郷土博物館
明治後期から昭和20年代のものが中心で、清瀬市及びその周辺の人々によって自家用として用いられた着物と布地の展示が行なわれたときの図録。これはとても貴重なものだと思います。


「織物の日本史」遠藤元男
古代から続く「衣」の日本史といえるものは、意外と他にないのでは。


「近世のシマ格子 着るものと社会」広岩邦彦
古来「シマ」は染織の柄として存在し、江戸時代後期には着物の粋な柄「縞」として人気を得て現代まで親しまれている。その起源を室町時代の謎から解き明かし、近世の社会、世相、思考様式を通して「縞」の変遷を探る。


「七夕の紙衣と人形」石沢誠司
七夕と織姫の信仰として特徴的です。紙衣の作り方も載っています。


「機屋の挑戦~明治から昭和へ、小槻工場物語~」飯能市郷土館
図録。綿織物と絹織物の生産が混在していた埼玉県入間地方の機屋の様子が詳細にうかがえます。


「ラオスの布を楽しむ」チャンタソン・インタヴォン
ラオスの織物を通じてラオス文化を紹介しています。


「天工開物」宋 応星/撰、藪内 清/訳注
図書館で借りました。
中国の明末(17世紀)に宋応星によって書かれた産業技術書。明の時代に中国南部の南京を中心に農業が発展し、養蚕技術も研究されたようで、その養蚕技術の詳細が紹介されている。日本には室町時代後期頃から入ってきて、江戸時代の元禄以降に各地に広まったようです。
大きなポイントとしては、それまで日本の養蚕は朝鮮半島由来の3眠蚕だったのが、明から4眠蚕が入ってきたという歴史的事実(生物学では常識?)。つまり、4眠蚕を伝える金色姫伝説の最も古いものは室町時代後期の「戒言(かひこ)」だけど、それより前のものは無いといえる。「天工開物」の著者の宋応星は伝承などに興味がなかった人みたいなので、そういう記述は何もないけど、たぶん明から伝わってきた新しい養蚕技術を広めるために金色姫伝説がつくられたのだろうと思います。

 

 

■ルポルタージュ・伝記


「あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史」「続 あゝ野麦峠」山本茂実
明治~大正時代、寒村の農家の娘たちが岡谷の製糸工場へ働きに出ていった姿を伝えたルポルタージュ。製糸の現場だけでなく、当時の農村の生活環境とか、女性の人権意識の向上とか気づかされることが多くて面白いです。続編もあります。映画は必見!製糸場を再現したセットが素晴らしい!


「呪われたシルク・ロード」辺見じゅん
こちらは製糸された生糸の輸出で賑わった八王子から横浜への道(シルクロード)に沿って、異国人との命がけの密貿易をする商売人とか機場の女性たちの歌声とか、生々しい現場が伝わってくるルポルタージュ。これも面白いですよ。


「蚕都物語 蚕種家清水金左衛門のはるかな旅路」しみず たか
江戸末期~明治初期、信州の寒村で養蚕業を営んでいた清水金左衛門の伝記。蚕種紙を伊達から調達する行程、それを縄張りに配付して代金を回収するまでの「タネ屋」の仕事振りが養蚕教師のルーツでもあり、とても興味深いです。


「はばたく上州娘 タイ王宮で生糸づくり」古田節子
富岡製糸場で学んだ製糸技術をタイで指導した女性、小金澤さわの物語。さわの孫で日本児童文芸家協会会員の古田節子さんが聞き取りや文献調査で書き下ろした伝記小説。タイまで指導に行っていたんですねえ。


「カンボジアに村をつくった日本人」森本喜久男
タイシルクの原型は、タイ東北部に暮らすカンボジア系(クメール族)の絹織物だったそうです。
そのカンボジアの伝統絹織物は、暗黒時代に失われそうになっていた。国際協力の仕事で現地にいた森本さんは、その伝統織物の美しさに魅入られて、養蚕から織り、流通までをひとつひとつ復興させて、持続可能な村までつくってしまった。
その経緯がつづられているけど、声高に何かを訴えるというより、パタンパタンという機織の音が村に広がっていくような静かな情熱で、ひたすら自分の手を使ってモノづくりに打ち込んでいく姿が感動的です。


「日本のシルクロード~冨岡製糸場と絹産業遺産群」佐滝剛弘
製糸場・養蚕農家・織物工場など産業独特の様式をもった建築や遺構を紹介するガイドブック。

 

 

■小説・絵本


「春蚕(藻を刈る男-茅盾短篇集-)」茅盾(マオドゥン)
図書館で借りました。
中国の清末期頃が舞台だと思いますが、とある農村での養蚕が描かれています。特に、昔から地域に根付いていた養蚕信仰の実感が痛いほど伝わってきます。それは日本の農家でも全く同じ状況だっただろうなと想像できるので、これはお奨めです!


「おひさまいろのきもの」作・絵:広野 多珂子
目の障害と言う別のテーマも含んでいるけども、糸から織物になるまでのお話です。


「絹の変容」篠田節子
全くのフィクションですが、絹がテーマの恐ろしい小説。


「絹扇」津村節子
福井の絹織物のお話し。時代背景とか織物の流通や織り手の様子がよく調べられてると思います。お話しですが、読み取るものが多いですよ。


「遅咲きの梅」津村節子
津村節子さんのもう一冊、福井の綿織物「石田縞」復興の女性のお話です。


「ヤママユ まゆをつくるむし(月刊かがくのとも 2020年9月号)」作:岩渕真理
大きな美しいまゆをつくる虫、ヤママユ。そのまゆづくりは、幼虫が糸を三日三晩出し続けて行われるものです。そうして出来上がったまゆの色は、周囲の木の葉の色にそっくりな黄緑色。そのため、身近な雑木林や森にもまゆはあるはずですが、気付いたことのある人は稀でしょう。自然の中で人知れず行われている生命の営み、そして、その造形美に迫りました。

 

 

■郷土史・会報・小冊子


「青木てる物語~養蚕と蚕糸~」新田文子
官営冨岡製糸場工女取締として活躍した青木てるの伝記。埼玉県小川町周辺の養蚕織物についての紹介もあります。


「かいこの村1953」岩波写真文庫
信州伊那谷の会地村での養蚕を撮影した貴重な写真集。


「日本の石仏 No.160 特集:生業の守護神」日本石仏協会
長野・群馬などの養蚕・染物に関する石仏を紹介しています。


「多摩のあゆみ No.106 特集:多摩の養蚕・織物」たましん地域文化財団
八王子周辺の養蚕や織物について概観できる良い特集です。


「おこさまとのくらし~岡上の養蚕信仰~」川崎市立日本民家園
川崎市岡上にあった蚕影山祠堂での信仰や金色姫伝説についてまとめた企画展図録(全31ページ)


「下南室太々御神楽の養蚕の舞」渋川市北橘歴史資料館
いまや数少なくなってしまった養蚕神楽について詳細が記録されています(全16ページ)


「カイコの神さま~ぐんまの養蚕信仰と蚕神像~」渋川市教育委員会
群馬県渋川市に残る蚕神石塔などを写真で紹介しています(全13ページ)


「須坂の蚕神~豊蚕への祈り~」須坂市立博物館
長野県須坂市に残る蚕神石塔や小祠などを写真で紹介しています(全27ページ)


「蚕都上田ものがたり~蚕種業を中心として」上田小県近現代史研究会編
「蚕都上田を見て歩こう~千曲川右岸の施設・建物編、千曲川左岸の施設・建物編」上田小県近現代史研究会編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です