清瀬市(2)清瀬のうちおり展

「清瀬のうちおり 国重要有形民俗文化財指定記念展」 祝着も うちおりで @清瀬郷土博物館


明治後期から昭和20年代のものが中心で、
清瀬市及びその周辺の人々によって自家用として用いられた着物と布地の展示。
製糸から織りまでを自家製で行なっていて、基本的に全て「手織り」。
染めは業者に出していたみたいです。
絹の着物でも普段着で使われていたことが分かります。

<第1展示室>


斜子織りを初めて見られてよかった。


亀甲繋ぎ文が型染されている。

<第2展示室>


おしめ!かっちょいい(笑)


ボロボロになっても端切れは大事に保存していた。


グッズコーナーで買った。
以前来たときより品質がレベルアップしている・・・気がした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です