岡谷市/岡谷蚕糸博物館

●岡谷蚕糸博物館/岡谷市郷田1-4-8


この博物館の一番の特徴は、現役の(株)宮坂製糸所を併設していること。
「製糸全盛期から変わらない諏訪式繰糸機、日本古来の上州式繰糸機が
実際に稼動している様子を見学できます」 ということだったけど、
行った時間が遅くて、この日の作業はほぼ終わっていた。残念。


繭からの糸繰り。大きな繭は中に蛹が2体入ったもの=玉繭。
この玉繭(中国産)を混ぜて、「25粒60デニール」 の紬糸をとっている様子。

 

 

<操糸機

 

 


「御法川(みのりかわ)式多条繰糸機」
1907年(明治40)に御法川直三郎が開発した、従来とは全く逆の発想による画期的な繰糸機。
蚕が糸を吐くような低速で糸を巻き取れば、繭糸の品質を損なわない生糸ができるのでは、
という発想から生まれた。
片倉製糸紡績(株)でいち早く実用化され、その生糸はアメリカで絶賛された。


「6条繰り諏訪式繰糸機」
大正時代に煮繰分業にともなって改良された繰糸機。
ボイラーからお湯を送り手元から煮繭鍋がなくなって工女の生産性が向上。
繰糸鍋に陶器製を採用しているのは諏訪式の特長。


招き猫・・・繭倉庫の梁の上に置かれていた。ネズミ除けだったのだろう。

 
「パラシュート紙芝居」
日本軍の落下傘は国内産の絹でつくられていることを伝えるもの。

 

お土産にどうぞw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です