美里町・本庄市/境内の蚕影神社や供養塔

●みか神社/児玉郡美里町広木1


参道に句碑「麦刈りて 桑の木ばかり 残りけり」 芭蕉
麦畑の畦に桑が植えられえいたのかな?


振り向けば、なるほど畑に桑の木が1本残されている。(5月21日)
神社の南側は、かつては桑畑が広がっていたようだ。


明治40年の地図(黄色:桑畑、青色:田んぼ)
明治29年以降、この地域でも秋蚕が奨励され、年3回の収穫が広まった。


木製灯篭が雰囲気あるなあ、と思ったら、しかも板金屋根。意外と手が込んでいる。

<みか神社の「みか」は酒を造るために用いる大甕のことで、当社には御神宝と
されていたと思われる土師器のミカが四個保存されている>そうです。
醸造技術といえば、秦氏。秦氏といえば養蚕織物技術(笑)
そういえば、(神奈川の)持田初治郎の先代は、酒造から製糸場経営へ乗り換えた。
相性がいいのだろうか。


蚕影神社(境内社)

 

●東大沢神社/児玉郡美里町猪俣


江戸期は「雷電社」と称し、本山派修験の五大院が別当を務めていた。
桑が雹などの自然災害を受けないようにという護符を出す山岳信仰の寺社もあった。
この地域には雷電社がちらほらあるけど、気になるなあ。


蚕影山神社
案内板によると、
「明治43年、村内にあった無格社16社を境内に移転し関連する社ごとに合祀を行い、
当社の境内社として祀られた。」ということなので、
蚕影山神社も元は複数だった可能性もある。

 

●金鑚神社/児玉郡美里町下児玉322


「蚕影大神」明治38年6月 田端氏による奉納

 

●蚕影山古墳/本庄市小島2-15-24


古墳は、5世紀から8世紀初頭の築造で、「山の神古墳」と並んでいる。


頂上に石祠が祀ってある。
これが蚕影山だったので、そういう古墳の名前になったのだろう。


「窪工芸所」が奉納?

 

●虚空蔵尊/本庄市児玉町高柳

<看板より>
坂上田村麻呂が東征の折り、勝利を祈願し、
そのとき当院本尊に「虚空蔵大菩薩」を安置したものと伝えられ、
昔から霊験あらたかな仏様として広く信仰を集めている。
特に丑寅生まれの善男善女の守り本尊として敬われ、
また児玉地方の養蚕の守り神として養蚕農家の信仰が厚い。

「まゆの国」(井上善治郎)より
毎年1月13日の「蚕影山」の例大祭には、養蚕の豊凶を占う行事が行なわれる。
この行事は境内にある1m四方、深さ2mの井戸の中心に蚕ザルを沈め、
この中におさご(生米)とオカネ(通貨)を紙にひねって投げ込み、
沈む速さによってその年の豊凶を占うものである。
またこの日は養蚕に関係の深いだるま、籠、繭玉などを売る露店が立ち並び、
近在の人々で賑わう。
また毎年5月12日夜、桑の新梢にお札をつけて参拝者に配布する豊作祈願もあった。


堂内はきれい(護摩壇があるが、天台宗修験道?
祈祷は行なわれているのだろう。


しかし肝心の井戸(池?)らしきものが見当たらない?
あの青いトタンの下かあ!?

 

●大正院(真言宗)/本庄市本庄2-4-8


「蚕蛹供養塔」大正12年3月
近隣の製糸工場や糸繭商が施主となり建立したもの。

現在でも5月28日に蚕蛹供養祭が行なわれている。
製糸業界の関係者や養蚕農家などが参列。
本堂では「精霊位牌」の前で法要を行なうそうです。


裏に製糸場の名前が並んでいる。
「橘館製糸株式会社 本庄工場」「三井組製糸所 本庄支店」
「山二組 本庄製糸所」「因製糸所」「大星館」「信栄館」「大和組」・・・

 
大星館製糸所など
(「本庄市歴史民俗資料館」の展示)

 
明治35年本庄町糸繭商の市と分布

その他、女人講の存在をうかがわせるもの。
養蚕の講とつながっているかも?

■産泰神社(前橋市の産泰神社から分祀?)

 

左)東石清水八幡神社境内(本庄市) 右)みか神社境内(美里町)

■巳待供養塔(弁財天)

●庚申塔群/本庄市児玉町稲沢

 

巳待供養塔 宝暦11年(1761)

●巳待塔群/本庄市児玉町小平

 
巳待塔(右) 天明2年(1782)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です