横浜市中区/横浜港とシルク博物館


幕末以降、日本各地からどれほどの絹製品がこの港に集まってきたことか。

 

●日本郵船氷川丸/


客船だが、シルク製品を積む専用の部屋もあった。

 

●横浜開港資料館/横浜市中区日本大通3


横浜に関する詳細な歴史資料が収蔵されているが主に産業系。

 

●シルク博物館/横浜市中区山下町1

シルクに関する歴史や製品の工程などを専門的に紹介する施設。

 
4齢なので、あと1回脱皮。


こちらは5齢


錦絵の展示もあります。


ペットボトルを使った糸繰り体験。
なるほど、これならお手軽!


「生糸42中5本合せ撚糸(未精錬糸)」
繭糸3デニール/個として、42中は繭糸14本を繰りとった太さ。
それを5本撚った糸なので、繭糸70本分(210 デニール) 。

  
村山大島。高機での絣織り(先染め)


織りの組織って微細なので、こういう実物説明があるといいですね。


古代からの和装の歴史を実物で概観できるのも楽しめます。

 

●旧帝蚕倉庫・事務所(北仲BRICK)/横浜市中区北仲通5-57-2

 
正式名称は、「旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用倉庫」
関東大震災後の1926年(大正15)に竣工、生糸などの保管に使用されていた。

 


設計は、遠藤於菟で晩年の大作という建築群の一つ。
もともと4棟あったが、現存するのはこの1棟と事務棟のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です