福生市/永昌院の節分会

今年は日曜日だったので、地域の御子様連れも多く参列されて賑やかに行なわれました。


祭事は桑林法印(住職)と3人の行者さんによって行なわれました。


願文では不動明王に続いて、蚕影山金色姫の名前も唱えられました。


柴燈護摩供・火伏せ。今年も良い火があがりました。


火渡り。高齢の総代さんは慣れたものでスタスタと。


直会をはさんで、全員で豆まき!


永昌院が出しているオオカミの御札があることを知らなかった・・・
正月に地域の方に配っているそうです。

 
境内にある4代前の栄海さんの石碑。
幕末から明治にかけて活躍された方と思われます。
文久3年(1863)に筑波の桑林寺から蚕影山を勧請された当事者になります。
その墓誌なんですが、裏面がほとんど読めない~(涙)
ということで、石塔などの保存調査をされている「伊奈石の会」の方に
ご協力いただいて拓本をとることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です