三好市/千尋衣神社と藍栽培

●千尋衣神社/徳島県三好市池田町州津井関

御祭神の天棚機姫命は織物の神様で、「古語拾遺」では天照大御神が天岩屋に隠れた際には天羽槌雄神と共に神衣和衣を織り、大神に献上しています。

   

 

      

縁起物の瓢箪扇子碗徳利が彫刻されている

   

力石にしては小さい丸い石、山梨県には丸石道祖神という信仰がありますが、丸い石には共通して惹かれるものがあるのでしょうね〜

また三好市を流れる吉野川流域では古くから染料の藍作りが広く行われていて、藍作りが衰退する明治の後半には養蚕業が盛んになりました。

            藍畑
藍染に使われる藍の栽培、現在も頼まれて作っているそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です