蚕影神社蚕糸祭と桑林寺の解体移築

■蚕影神社/つくば市神郡2056


2019年(平成31年)
例年通り3月28日午前11時から「蚕糸祭」が斎行されました。
カイコローグ一行は、永昌院のご住職・総代・世話人さんと一緒に参列しました。
高齢の総代さんもヒーヒー言いながら石段を登り拝殿に着くと、なんと超満員!
我々を入れて40人超というこの4年間では最多記録を更新!
ジワジワと周知されてきてるのかな?


満員です!


玉串奉奠、永昌院のご住職


玉串奉奠、カイコローグTシャツめだってます!(笑)


永昌院の総代さん。


今回も定位置にw


参列されたみなさんに神主さんから蚕影神社の神様などの説明がありました。


筑波山神社に向う「つくば道」周辺でイベントを行なっている地域グループの発行している案内チラシにも紹介されています。

 

■新福寺/下妻市下妻乙869


蚕影神社蚕糸祭の後、下妻市へ移動して、新福寺(時宗)を訪問した。
この寺の旧本堂が桑林寺(蚕影神社の別当)の建物を移築したものだった、
ということで、ご住職にいろいろとお話をうかがった。


新福寺は、この地域の時宗の末寺10ヶ寺を有した本寺。
しかし本堂は、明治10年に火災で焼失、再建したものの明治43年に再び類焼火災によって山門を残してまたも全焼した。
再建資金に困っていたところ、筑波の桑林寺が廃寺となる(なった)ことを知り、建物を買い取って解体移築することになった。
桑林寺は真言宗で新福寺とは宗派が違うので、その当時のご住職同士が知り合いだったとか、仏教業界のネットワークで情報を得たのかもしれないが、実際の経緯は不明。

明治43年に全焼して以降の桑林寺の解体移築、ということで、その段階で桑林寺は廃寺となった。
民俗資料で「桑林寺は廃仏毀釈によって廃寺となった」という記述が散見されるが、実際の廃寺は明治末期であると考えられる。

廃寺になった当時の桑林寺の(最後の)住職は、福田氏だった。江戸期の桑林氏は、日清戦争によって桑林幸三さんが亡くなって後継者が絶えて、その後を福田氏が継いだようだ。
ちなみに、桑林寺廃寺にともない福田氏は仙元神社(石岡市)の宮司に転身するが、2010年頃に最後の宮司さんは亡くなっている。


今の新福寺のご住職からすると、桑林寺の解体移築は4代前のことで、「筑波の桑林寺を移築した」ということは伝わっていたようだが、現在の本堂新築にともなって旧本堂を解体した際?に「襖の下張りから蚕影山の御札が出てきたのでそれが確認できた」ということだった。
廃寺と聞くと、ボロボロに荒れ果てたイメージを持ちがちだけど、襖などの建具まで再利用されたということは、当時の建物の状態はかなり良好に保たれていたのだろう。


旧本堂の写真(新福寺所蔵)。桑林寺の姿をうかがい知ることができる。
本堂は廊下を含めて5間半×5間くらいで、一部2階建てだった。
この写真にある「千鳥破風の向拝(本堂正面の張り出し)」の部分は、別の建物の玄関部分を付け加えたもの。
新築された現在の本堂は、旧本堂(桑林寺)より左右が半間ずつくらい広くなっている。


元の向拝は、この写真のように半間くらいしかなかった。地垂木がむき出しになっているように見えるので、もしかしたら解体移築の際に失われていたのかも?


旧本堂の木材の一部が残されている。これは向拝の梁材(虹梁)で「浮かし彫りが見事なので再利用したらどうか」という大工さんの提案で残されたもの。(大工さん、えらい!)
桑林寺の一部とはいえ実物を見られて、とても感動的だった。


茶道に使う炉縁。これは、旧本堂の内陣あたりの柱材を再利用して作ったものだそうだ。
桑林寺の構造材は杉材が多く、それほど高価な材木は使われていなかった。


おまけ。新福寺境内にて。「出征馬頭尊」とは珍しい~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です