伊那谷(8)蚕玉様/文字塔

■文字塔

時代や地区の流行があるかも?
同地区内では近隣との違いを出すだめに文字を変えていたらしい。
ともかく、丸い(繭型)自然石であることは基本。

 

●瑠璃寺(天台宗)/下伊那郡高森町大島山814


「蚕玉大明神」 元治元年(1864)日吉神社境内

 

●大萱石塔群/伊那市西箕輪6810


「蚕王大明神」 明治7年

 

●塩木いきいき交流センター/駒ヶ根市赤穂3922


「蚕玉大御神」 明治17年

 

●福島観音堂/伊那市福島1925-4


「養蚕神」 明治45年 石寄附手良村那須野五之助

 

●塩木いきいき交流センター/駒ヶ根市赤穂3922


「蚕神」 大正9年

 

●駒ヶ嶽蚕玉神社/伊那郡宮田村中越6090-3あたり


「蚕玉神」

 

●馬見塚成田不動尊蚕玉神社/駒ヶ根市赤穂14-366


「蚕玉神」 昭和40年に稚蚕所に遷座された


「蚕玉神」


「蚕玉大明神」 昭和51年

 

●石塔群/伊那市高遠町


(左)大正2年2月 (右)メガネみたいな横向きの繭型

 

●上伊那郡箕輪町

 

●蚕玉大明神石塔/飯田市下久堅

長野県飯田市下久堅で見つけた「蚕玉大明神」の石塔。
妙見大明神と高津大明神との三柱で祀られていました


高津大権現は、入登山神社(下條村)のことみたいです。
「山犬退治図」とかいうのがあるそうで興味深い
(中森)

 

●諏訪神社/長野県飯田市上郷黒田2346


「蚕玉大明神」


黒田人形浄瑠璃で有名な神社:人形浄瑠璃の舞台は幕末にできたもの
(下平)

 

●大宮諏訪神社/飯田市宮の前4164-1


「蚕玉大明神」
先日(2022年3月25日~27日)飯田お練り祭が行われた、大宮諏訪神社の境内に蠶玉様の石碑がありました。


また、元神宮寺である長久寺との境内の境には、神仏習合時代の名残である不動様とお滝場があります。不動堂の隣には、お諏訪様の本地仏普賢菩薩様を祀る普賢堂もあります。
(岡庭圭佑)

 

●尾科諏訪神社/長野県飯田市龍江9508


「養蚕神」の石碑。(蚕玉神?)
御柱祭があったので、飾り付けがされていました。
(岡庭圭佑)

 

●中川村美里


「駒岩蚕玉大神」

 

●駒ヶ根市中澤の奥


「蝅玉十二社」

 

●駒ヶ根市市場割


「駒嶽蚕玉神社」

■二十三夜塔

ついでに・・・

「二十三夜」 は勢至菩薩
女人講の存在をうかがわせるものが他にはなかった・・・かも。
安産・子授け系のものがないとは思えないけど。

自然石だが、蚕玉様と違って、丸石系ではない。

 

●春日神社/下伊那郡豊丘村神稲9986あたり

 

●瑠璃寺(天台宗)/下伊那郡高森町大島山814

 

●上牧八幡社/伊那市上牧7477

 

●仲仙寺(天台宗)/伊那市西箕輪3052


嘉永?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です