大和市/カイコ飼育展示と養蚕建築

●大和市泉の森・郷土民家園/大和市上草柳629-1


良い感じの公園。バードウォッチャーと薮蚊多数w


立派な水車小屋もあった。撚糸もやってたのかな?

 

▼旧小川家主屋

江戸時代中期に建てられた大和市最古の民家。
まだ養蚕をやってなかったので、天井板がなく小屋組が見える。

 

▼旧北島家主屋

江戸時代末期に立てられた代表的な養蚕民家。

 
天井板を張り、小屋裏(天井裏)を養蚕スペースにするために
小屋梁を2段にして棟木を高く持ち上げてある。
その分、屋根面と勾配が大きくなる。
また、温度管理のための通風窓が妻側に設けられている。
こうした構造が極端に洗練されたのが合掌造りで、これも養蚕建築。


<合掌造り(川崎市日本民家園)

明治以降は、西洋建築を意識した住宅作りが行なわれるようになるが、
総二階建ての需要は養蚕農家から始まったのだろう。
そのとき、二階部分に住んでいたのは、お蚕さまであった(笑)


<右は総二階建ての養蚕用別棟。(展示解説シートより)

この旧北島家主屋で、カイコの飼育展示がされていた。

 

 
5齢の熟蚕がマブシ(蔟)に繭をつくっていた。
美しい繭に隠される神秘性と、この中から何が生まれるんだろう!?
という変身への期待感が信仰の肝だろう。
豊繭祈願という経営者視点だけでは、理解が足りないと思う。

幼虫の動きを見ていて、球形ではなく 「繭形」 になる理由がわかった。

この後、マブシ(蔟)から収繭(しゅうけん・マユカキ)して、
繭の表面についている毛羽を毛羽取機で整える。

 
<毛羽取機

大和市の北部では、農閑期に繭を生糸に加工して、
町田の市場や厚木の製糸工場に出荷したが、南部では繭のままで製糸工場に出していた。
ソクザシと呼ばれる繭の仲買人に売っていたとも。
いずれにしても乾繭場にある高温乾燥機を使って蛹を殺処分して、
糸繰工程までの間は低温保存しておくことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です