京都市(1)西陣織会館

●西陣織会館/京都市上京区堀川通今出川南入竪門前町414

京都といえば西陣でしょう、ということで展示のある会館へ。
そこへ大型の観光バスが入ってくる。
乗っているのは、中国からのご一行(たぶん)


ドドーッと団体客が来場すると、
「おもてなし」 のファッションショーが始まる。


私が館内にいた間に2回はあったので、たぶん30分間隔くらいで
観光バスが到着するように予約が入っているのだろう。
おかげでお土産コーナーは、アジアからのお客さんで賑わっていた。

それはいいけど、店員は中国語ができる様子ではない。
こんなに客が周りにいるのに、展示コーナーの担当者は、
手元を見たまま、顔をあげようともしない。
コミュニケーションできないからね・・・

「繭を使った手芸品を作れますコーナー」 で、私がそばで見ていても、
担当のねえさんに無視された・・・
中国人だと思われてるなと思って、日本語で話しかけてあげた(笑)

「たくさん来てもらえるのはありがたいですけどね・・・」という。
実際、日本人らしいのは、館内に1割もいない。
会話できずに、役割を果たせないと戸惑っているばかりで、
簡単な中国語で声をかけることもしないのはつまらないよね。

 

●ジャカード織機

織物ができるまでの工程を分かりやすく説明するコーナーがない。
そういうのないの?と尋ねると、
「あ、実演ですね」 という。(?)と思っていると、
実演担当の人が、ジャカード織機を使って織り始めた。


<ジャカード織機

動くジャカードを見たのは初めてだったので、をーっと感動(笑)
あれこれ仕組みを質問していて、ふと振り向くと、
中国人一行に囲まれていたw
みなさん、スマホで熱心に動画撮影中!
こういうの見たいよね、ってフツーに思うけど、
言葉の通じない外国人は興味ないだろう、とでも思ってるのだろうか。

<仕組み>

もちろん厳密には分からないけど、およその仕組み。
織り手の足元に踏み木が1本あり、それを踏むとパンチカードに
設定された綜絖(そうこう)が動いて、経糸(たていと)を上下させ、
そこに緯糸(よこいと)を通す、という一連の動作を繰り返す。

  
さらに西陣織りの特徴である紋織の金糸を手で通す。
これは綾織(あやおり)になるが、下げる経糸の方が少ないので、
織り手から見えている面は、布の裏側になる。
そのため、鏡を見ながら表の織り具合を確認する。

  
<緯糸と完成品

西陣織りでは、糸は織る前に柄を染めておく先染め。
友禅は、布を織ってから染める後染め。

 
せっかくなので、お土産で端切れを買った。
藍染めの平織りだけど、緯糸を目立たせた 「よこし」 という織り方らしい。

 

●繭からの糸取り(座繰り)

黙々と糸取りをしている人に座繰りの方法を教えてもらった。

 

<座繰り>

ボールにお湯を張って、その中に繭を入れると、糸がほぐれる。
その糸を掻き出して先端を探す。
蛹が透けて見えてきたものは、もう糸の供給がなくなるので、
その糸と新たな繭の糸をつなぐ。

だいたい、7~10個の繭の 「繭糸」 を撚り合わせて、1本の 「生糸」 にする。
それで太さは、ようやく髪の毛くらい。
実際に織りに使う糸は、生糸をさらに数本撚り合わせた 「撚糸」 を使うが、
その本数(太さ)は、織物の種類や使う部位によって選ぶ。

繭糸をどうやって撚りながら取るのだろう?
尋ねてみると、なんとお湯をグルグル回してやると、
繭も一緒に回るのでそれで撚りがかかる。
なるほど!と思わず感動(笑)
でも糸枠に巻き取るまでの間で、撚りはかかるようになっているんでしょうね。

●蚕種

蚕の卵は 「蚕種」 と呼ばれて流通していた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です