あきる野市(1)五日市郷土館と糸工房 「森」

●養蚕農家日本一/あきる野市渕上291


このあたりでお馴染み、といえば養蚕。
ここは、繭生産量年間全国トップ9回!という農家。
屋根の棟の上に特徴的な換気の高窓があるので、
この中で養蚕をやってたんでしょうね。

 

●五日市郷土館/あきる野市五日市920

 
立派な養蚕農家が移築展示されていた。
囲炉裏に火が入っていて、煙がモクモク状態。
屋根の妻のところが通排気口。
かつて小屋裏(ロフト)で蚕を飼っていた。

蚕種紙。
区切られていないので、蚕種検査法(明治30年)以前

 

開閉式だったらしい神棚の神酒の瓶子に差されているものは、
「神酒口(みきのくち)」 というそうです。
福生に職人さんがいるらしい。
ここにあった竹細工のは、「七つ玉宝船」 という作品。

 

参考:「東京のミキノクチ1」 細渕昌一氏

 

●糸工房 「森」/あきる野市伊奈1129

この地域独特の絹織物で人気のあった泥染め 「黒八丈」 は、
戦争中に途絶えてしまった。
この工房の森さんは、黒八丈を復活させようとがんばっている。


<染料のヤシャブシと泥染めされた絹糸

森さんの工房で、「張り撚り式八丁撚式糸」 の実演があった。
強力な撚りをかけられる古い装置だが、ほとんど残存してない。
テンションを手動で調整する熟練の技がいるようだ。

 

 

この日の実演は、経糸(二子撚り)の場合で、
まず繭から採った糸3本を1束にして、半時計回りに撚る(片撚り)。
次に、2束を併せて(合計6本)時計回りに撚る(二子撚り)。
こうして撚り合わせた糸が織物などに使われる。
緯糸は、柔らかく光沢を出すために片撚り糸を使う、
外科手術用でも絹糸が使われるが、二子撚りだと痛いらしく、
片撚りを使うそうな。


<二子撚りにした糸を巻き取り中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です