横浜市瀬谷区(2)江戸阿久和と白姫神社

明治12年(1879)ころ、瀬谷村で養蚕・紡績に携わる女性は3人に1人の割合。
工場での労働環境は、「女工哀史」 ではなく改善されたものだったようだ。
それだけに現金収入と文明的な職場に憧れて、
吸い込まれるように工場に集まってきていたのだろう。
(現在の東南アジアの縫製工場と似ている)

 

<二ツ橋・阿久和地区>(中川村)

●長屋門公園/横浜市瀬谷区阿久和東1-17-1

 
「旧大岡家長屋門」
長屋門は、明治20年(1887)の越屋根付き木造建築、土蔵も併設。
敷地入口に山門のように建てられた面白い形式。

  
二階は養蚕室として使用され、群馬・埼玉の養蚕技術を導入したとみられる。

現在では集会室・ギャラリーなどとして使用されている。

 
左)繰糸鍋。右)蚕種紙は種箱に納められて送られていた(富山産)


<ボロボロになってるけど製糸場跡の案内板

この近くに、「相州改良社」 と 「大剛社」 という製糸工場があり、
人の出入り車馬の往来が繁しく賑やかなことから、江戸阿久和といわれていた。

「相州改良社」(製糸場)は、明治20年(1887)設立~大正元年(1912)廃業、
敷地3000㎡に工場5棟、工女120~200名。

 

●二ツ橋神明社/横浜市瀬谷区二ツ橋町298


大正時代に養蚕組合員が奉納した灯篭。


<「養蚕組合」 「組合員の名前」

養蚕教師が、養蚕技術の指導のため群馬県から派遣されてきていた。
高崎や前橋などに、こういう教員を育成する機関もあった。
群馬県多野郡小野村は、現在の藤岡市。

 

<白姫・白蛇・オシラサマ>

瀬谷区界隈の特徴として、金色姫や馬鳴菩薩の信仰が見られない。
境川沿いには、弁才天・白蛇系も点々と見られて、
たぶん江ノ島弁天の影響もあったのではないかなー。

 

●三ツ境白姫神社/横浜市瀬谷区三ツ境

 
祭神は 「蚕の神」=通称 「お白様」(オシラサマ)。
「阿久和養蚕組合」 など2つの組合の守護神として、明治42年(1909)に
伊勢神宮外宮の衣の神を奉戴し、その御神体を蚕の神とした。
同地には明治2年(1869)創業の製糸工場 「改良社」 があり、
明治38年には従業員200名を擁する盛況だった。
昭和32年(1957)に養蚕業の衰退により阿久和町からこの地へ遷座。
付近の住民から 「衣の神」 として信仰が篤い、とのこと。

伊勢神宮外宮(機殿神社?)からと本格的ながら、通称がオシラサマ。
実はオシラサマが先で、後からハク付けされたような気がする・・・
そもそも 「白姫」 の由来が、さっぱり無いのはなぜ?

 

●白姫神社/横浜市瀬谷区阿久和東1-17-1 宮沢神明社境内

 
養蚕の神を祀る 「白姫神社」、9月の最終土曜日に祭礼を行っている。

 

●長天寺/横浜市瀬谷区相沢4-4-1

江戸時代に建てられた祠に養蚕神として祀られていた 「養蚕童子」。
弁才天十五童子のひとつで、両手に蚕を入れた器を捧げ持っている。

背書から、文久2年(1862)3月江戸谷中仏師の作とわかる。
法量:像高27.5㎝
<画像はサイトより>
http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/topics/data/kinunomitimatome1.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です