横浜市瀬谷区(1)瀬谷銀行と養蚕組合

旧鎌倉郡の台地の畑作地帯では、現金収入の道として各農家で養蚕が盛んで、
その中心が瀬谷村(瀬谷区)、中和田村(泉区)、中川村(戸塚区他)だった。

 

●瀬谷銀行跡/横浜市瀬谷区中屋敷1-30-7


「神奈川県央養蚕製糸業金融(蚕の銀行)瀬谷銀行」 は、養蚕業が盛んだった
経済状況のもと、明治40年(1907)に創業。
生糸を担保にした資金提供などを行っていた。
創業者の小島政五郎は、神中軌道(現 相模鉄道)の初代社長。
関東大震災で多くの製糸工場が倒壊し、昭和10年(1935)鎌倉銀行に合併される。
この頃を境にして、絹織物の輸出が減り始め、「絹の道」の役割が終わっていく。

<本郷地区>

瀬谷で最も大きな工場は、「川口製糸株式会社(本郷館)」 だった。
本郷館製糸場は、明治35年(1902)、川口清五郎の個人企業として設立。
1960年頃まで製造を続け、製糸の品質は国内でもトップクラスだったとか。
最盛期、従業員200人を超え、全員が製糸場内の寄宿舎で生活。
場内は広大で、商売繁盛の神を祀った稲荷神社や畑、スポーツ施設、
女性従業員がマナーや教養を勉強する学校もあったらしい。

「わがまち瀬谷」むかしの養蚕・製糸業を追う~川口製糸
http://bit.ly/1yGEF0v


「大正14年ごろの本郷館の様子」
<横浜市瀬谷区 絹の道に関わる歴史>より

●日枝神社/横浜市瀬谷区本郷1-18-8

 
「護蚕祠」(高さ92㎝ほど)、「発起人 本郷養蚕組合」(昭和12年)


本郷館など工場労働者の組合かな。ストライキもやったらしい。
御神体は何か不明・・・

 

●徳善禅寺/瀬谷区本郷3-36-6

 
「萬霊塔」(明治21年)、蚕供養でしょうか。
奉納者名前もずらずらと記されている。川口姓は本郷館の関係者?


右側面に 「養蚕安全」

 

●石塔群/横浜市瀬谷区橋戸3-19-2


左端が 「蚕神」 の石祠。
明治40年代の道祖神や地神塔と一緒に並んでいて、同時期か?
元禄10(1697)年の庚申塔も。
三叉路に元々あったのか、ここに集められたのか分からないけど、
地域の人の守護を願って路傍に配置されていたのだろう。


この祠の左側の塔身に 「橋戸共進養蚕実行組合」(推定)。


屋根には、 「繭と桑の葉」

 

●石塔群/横浜市旭区東希望が丘NTT希望が丘交差点


「蠶祖神」 の石祠、これも庚申塔や地神塔と一緒の空間に配置されていた。

 
昭和11年 「春木養蚕実行組合」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です