狭山市(1)斜子織と亀井神社

埼玉県の狭山市周辺(入間地方)でも、養蚕や織物が盛んに行われていた。
鎌倉時代に織物市場で流通し始めたという青梅縞(おうめじま)が
この地域にも広まって有名になったようだが、これは綿織物。

●亀井神社/狭山市下奥富1465

亀井神社の境内には、家屋形の3つの石祠が並んでいた。


左から、
「蚕影山大権現 (こかげさん)」・・・養蚕の神様
「食稲魂命(うかのみたま)」・・・お稲荷さん
「猿田彦命(さるたひこ)」・・・道祖神の仲間w

■蚕影山大権現

この石祠が作られたのは、文政13年(1830)
この地域の織物の取引の中心が、青梅から所沢に移ったのが、
弘化元年(1844)なので、この村も 「所沢織物」 の産地として
成長していたころなのだろう。

宮司さんによると、本殿にも蚕影さまを祀っているとのこと。
この高齢の宮司さんは、養蚕のことを 「おかいこ」 と言っていた。

『子どもの頃は、この周りでもあちこちで、おかいこやっていて、
蚕を蕨(まぶし)に移す手伝いをしたことがある』

織物のことを尋ねると、

『このあたりでは、斜子織(ななこおり)が有名だったね。
今では、やってるとこはないけど、稲荷山博物館に展示されてる』

というので、観に行った。
ところが、展示品が見つからない(?)学芸員の人に尋ねると、
『これだけですが・・・』 と恐縮してるほど小さいコーナーだった。
織物への今の注目度を表しているように思った(寂しい・・・。

 

【斜子織】とは、
平織の変化組織で経糸(たていと)緯糸(よこいと)ともに、
二本以上並べて織った絹織物のこと。
織り目は籠目(かごめ)のような外観をもつ。
特に絹糸で細かく織ったものをいう場合が多く、羽織地・帯地などに用いる。

見た感じ、確かに規則正しい織目(ドット)が目立つ織り。
こんな感じ。(たてよこ2本ずつの場合)

糸を2本ずつ入れていけば、折りあがるまでの時間も短縮できて、
丈夫な織物になるので、割りとローコストのものができる織り方
だったのではないか、と思う。
その分、工芸品というより日用品と見なされて、廃れたのかも。

■オシラ講

多摩川流域においては稲荷講・念仏講・庚申講・オシラ講・山の神講・天神講などが
かなり広範囲に分布しているらしい。

【オシラ講】 とは、
蚕の神を祭る行事。多く関東の養蚕地帯で、正月19日に行われる。
女性だけが参加する。蚕日待(かいこびま)ち。
オシラ講は女日待・蚕日待とも呼ばれているごとく、養蚕の神を祀る女性達の講であり、
多摩川流域では上・中流地域に分布している.
青梅市旧三田村沢井の例では,1945年(昭和20)ごろまで行っていたといい、
女の集まりで「掃き始め」「あげ祭り」「秋祭り」と年3回ほどの集まりがあり、
このときは嫁・姑と1軒の家で何人でてもよかったという。
蚕神の掛軸をかけ祀るものもみられるが、全体としては娯楽的要素が顕著に認められる。
養蚕の盛んであった戦前は盛んに行われたが、養蚕の衰えとともに行事を廃止したところが多い。
養蚕を祀る講としては、茨城県筑波郡の蚕影神社へ参詣する代参講も広くみられる。
【多摩川誌/ムラと講集団】より
http://www.keihin.ktr.mlit.go.jp/tama/04siraberu/tama_tosyo/tamagawashi/parts/text/071310.htm

亀井神社の3つの石祠をそれぞれ講が設けたものだとすると、

「蚕影山大権現 (こかげさん)」・・・オシラ講(養蚕女性グループ
「食稲魂命(うかのみたま)」・・・稲荷講(農業男性グループ?
「猿田彦命(さるたひこ)」・・・庚申講あるいは山の神講(?

さて、亀井神社の社務所からは、富士山が綺麗に眺められる。
だから、ここに社を建てたんだなーという場所。

富士浅間神社の祭神は、木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめ)
という女神さまで、織物の神様ともされる。

富士山と庚申講とは結びつきがあるが、筑波の蚕影神社(本社)では、
稚産霊神(金色姫)とともに木花之佐久夜毘売命も祀られている。

そうしたロケーションから蚕影大権現が勧請されたのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です