丹後(6)ちりめん商家(吉村家住宅)

●吉村家住宅/京都府京丹後市峰山町浪花

  

吉村家は天保元年から続くちりめん商家で、四代目の吉村伊助氏は、地元での精錬と検査制度の開始など、丹後ちりめんの発展に尽力しました。
丸に丹の家紋、こちららは現役で店舗として使われています。

    
吉村家住宅は昭和初期の建物で、現在も商店の店舗として使われて、室内では反物に染みがないかの検反をされていました。

  

店舗なので、文化財として公開している住宅ではありません!

   

丹後ちりめん               丹後ちりめんの意匠

 

  

本物にはこういう意匠がつけられているという事です💕
ジャカード織機のパンチカードを付けて発注されます。

     

近くの金毘羅神社の護符を毎年頂いて、店舗の神棚に置かれていました。

丹後問屋協会々員之章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です