児玉郡(1)上里町の蚕影山/大光寺

児玉郡上里町は、埼玉県の西端で群馬県と接している。
県境の神流川の向こうには、榛名山の姿が見える。
信仰圏の近さを感じるロケーション。


<霞んでますが・・・


<立派な養蚕民家

●勅使山大光寺/児玉郡上里町勅使河原1864

臨済宗 本尊:聖観世音菩薩
建保03年(1215)、武蔵七党の一党である丹党の勅使河原権三郎有直が創建
明治42年(1909)、高崎線の灰煙を被り全焼したため本堂等を再建

 

 
毎年、4月23日に勅使河原氏の慰霊祭でもある蚕影山(こかげさん)が行われる。
かつてこの地域で盛んだった養蚕業の繁栄を祈願したもので、
露店では養蚕道具や桑の苗が売り出されていた。
昭和50年頃まで養蚕農家は100軒ほどあったが、現存しない。

 
製糸に関係する県の職員だったという総代さんによると、
「このあたりはタネ屋(蚕種製造)が多かった、
繭は年に数十万㎏を生産していた、
神保原駅前に2つ製糸場があって農家はそこに出荷していた」 とのこと。


境内に築山があり、その上に蚕影山のお堂がある。

 
弁天池みたいな橋を渡って、富士塚みたいな参道を上がって・・・

 


馬鳴菩薩立像。
左手は種箱?、右手は生糸、足元に桑葉


昭和2年(1927)、神栖の星福寺より馬鳴菩薩を勧請、祭りもそれ以降。
確かに、神栖の蚕霊山星福寺(蚕霊神社)の本尊は馬鳴菩薩で金色姫の伝承がある。
しかし筑波の 「蚕影山」 ではない。
本尊も 「大聖蚕霊尊(こりんそん)」 と名づけられている。
それなのに「蚕影山」 の祭りとなっているのは、
昭和2年より前から蚕影が祀られていたが、明治末に本堂が全焼したため蚕霊尊を改めて勧請したということかも。
昭和初期だと蚕影神社の桑林寺は実質廃絶していたので、神栖の星福寺から勧請したということだろう。

地域に既存の蚕影山神社としては、
金鑚神社(神川町二ノ宮)にある境内社が多くの参詣者を集めていたらしい。

例祭が23日というのは、蚕影山(勢至菩薩)の縁日にちなんでいるのだろう。


<築山には天満宮と大黒天も

13時から本堂で法要(大般若)が行なわれる。
総代さんから、「安盛寺は蚕影山の石碑の前でお祀りしてた」
という話を聞いたので、安盛寺へ~(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です