池田市/織姫姉妹社

池田市には、姉妹の織姫を祭る秦氏の古社がある。
姉の呉服媛(くれは)を祀るのが呉服神社(くれは)、
妹の漢織媛(あやは)を祀るのが伊居太神社(いけだ)。

絹布類を指す 「呉服(ごふく)」 という言葉は、ここから始まる。

<姫像>
「池田町史」 より
穴織姫神像が伊居太神社内に、呉服姫神像は寿命寺に所蔵されている。

<呉服神社の社伝より>

日本最初 『繊維』 の祖神・呉服大神の御由緒を左に申述べます。

人皇第十五代応神天皇の御代に、猪名津彦命(阿知使主)を中国の呉の国に遣わし
機織裁縫の工匠をお需めになりました。

その時、久礼波・久礼志の二人を案内役として呉の国に赴き呉王に乞うて、
呉服(くれはとり)・綾織(あやはとり)・兄媛(えひめ)・弟媛(おとひめ)の
四人を伴い渡来する事となりました。

帰路、九州の筑紫潟に着きましたが、兄媛・弟媛は胸形(宗像)明神の御望みにより
この地にお留りになり、他の媛は摂津の国武庫の浦にお着きになりましたので
猪名の港(今の唐船ケ渕)に機殿を建て、呉服媛をお迎えいたしました。

呉服の神女は、昼夜怠りなく布帛を織り、少しも倦み給う事がなかったと申します。
この時より、機織裁縫染色の技術が我国に伝わり、男女寒暑の服装の別が定まりました。
尚、四季には上妙の衣服を天子に献じ、下は万民に施されました。

仁徳天皇の七十六(385)年九月十八日、呉服の大神は御歳百三十九才という
人生に倍する御長寿を以て、お隠れになり、その御遺体は今にその跡を残す梅室、
御形見なる三面の御神鏡は姫室にお納め申し上げました。

その翌年、仁徳天皇が勅令を以て御神祠をお建てになりました。

●呉服神社/大阪府池田市室町7-4

 

 

<姫室>

宮司さんによると、
「かつて(明治までは)池田駅付近に姫室・梅室という古墳があった。
しかし、阪急の開通で取り壊された。
それぞれ呉服媛・穴織媛の墳墓と言い伝えられていたので、
姫室の出土品は呉服神社に、梅室の出土品は穴織神社に納められ、
両社に石碑がある・・・ということなのだが、
穴織神社にある石碑も 「姫室」 になっていて 「梅室」 がない。
梅室がどうなったのか、誰も知らないらしい。
先輩方の噂によると、赤い布に包まれた骨が出てきたという話もあるが
写真で残っているのは陶器の破片(だったかな?)などの出土品のみで
そんな骨の写真などの証拠はない・・・
ひょっとすると、梅室の方からは何も出てこなかったので、
両方とも姫室にしたのかもなー?」
だそうな(笑)

実質、姫室が骨を埋めた墓で、神社は御霊を祀るという役割をしている
とのこと。

 

<伊那須彦?(たぶん猪名津彦)>
呉の国から姉妹他を連れてきた猪名津彦命を祀るものだと思う。
寛政12年 願主:油屋吉○ 石工:和泉屋○

 

●穴織宮伊居太神社(あやはぐう・いけだ)/大阪府池田市綾羽2-4-5

妹の穴織媛(あやはひめ)、応神天皇、仁徳天皇を祀っている。

 

随神門の最上部にヒョウタン瓦!素晴らしい~
軒丸瓦に描かれたヒョウタンが並ぶのもいいねー!

 

グイッと顎を引いたような鬼瓦も独特。菊市という瓦屋なんでしょうか。

本殿は破風を三つ並べた三社造りというきわめて珍しい構造(千鳥唐破風寄せ造り)

 
神門の手前左には、猪名津彦神社。

 

●星の宮/池田市建石町1-9

穴織宮伊居太神社の末社(御旅所)で、星の大神を祀っている。

 

<伝承>
その昔、仁徳天皇の御世、わが国に織物の技術がなかった頃、
中国大陸から漢織・呉織の両姫がこの地に渡って来られ、
綾錦(あやにしき)を夜遅くまで灯もつけず機を織っていた。
すると、多くの星が天から降りて来て、織殿を真昼のように
明るく照らしたので、灯りをつける必要がなく機織ができた。
こうしたことから 「星の御門」 と称され、織殿を照らした星を
「明星大神」 と申し上げてお祀りしています。

 

少し離れた五月丘にも呉服神社と穴織神社がセットで分祀されている。

 
左●呉服神社/池田市五月丘1-10-39
右●穴織神社/池田市五月丘3-1-24

庚申塔を発見。(五月丘の呉服神社境内)

●呉服神社/大阪府池田市室町7-4

 
呉服神社の境内にある恵美寿神社(事代主命)。
「エビス様は耳が遠いので、横手に廻ってお祈りください」、
と書いてあって、両サイドに 「叩き板」 がある。
鼓膜ですかね(笑)

 
呉服神社の神殿の真裏に、なぜか 「鏡」 が・・・
「我が身を映して参りたまへ~」 ってことかあ?
ちょっと怖かったw

池田駅そばにレンタサイクルがあって便利で安い!
阪急電鉄(レンタサイクル)
http://www.pref.osaka.lg.jp/toshikotsu/rentcyclenavi/hankyu.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です