筑北村/安宮神社石塔群ギャラリー

●安宮神社/東筑摩郡筑北村坂井眞田11572ロ

山の中にある民間信仰のカタマリみたいな神社(笑)

開山したのは、修験者・修那羅大天武(望月留次郎)という人らしい。
(以下、「信濃国・修那羅山安宮神社の石仏像群を訪ねて」より)

修那羅大天武は、1795年(寛政7)、新潟県頚城(くびき)郡妙高村大鹿に生まれた。

1803年(享和11)、9歳で天狗に従って家を出て、名山・神社仏閣を巡って修行を重ね、
この間に学問は豊前坊という岳天狗に習い、
越後の三尺坊からは不動三味の法力を授けられて、霊験を身に付けたという。

1855年(安政2)、この地で弟子や信者たちと修行を行い定住した。
旱魃に襲われた際に、雨乞いの修法を乞うため、近隣の村人たちが峠に登ってきた。
修那羅大天武はこれを受けて修法を行うと雨が降ったという。
やがて霊験あらかたな加持祈祷と、信濃国の各地から人々が集まることとなった。
いつしか、安坂峠は修那羅峠、「ショナラさん」へ行く道と呼ばれるようになった。

村人たちは、願いをかなえてもらったお礼に手づくりの石仏・石神を奉納した。
その熱い信仰と感謝の気持ちが積もり積もって800余体となった。

1872年(明治5)、修那羅大天武は旅先で死去。


山道に沿ってゴロゴロと有象無象が無造作に並んでいる。
説明不能なので、ひたすら羅列。

▼人物編

  

 
▼動物編

  

▼馬シリーズ

  

 

  

▼こんな中、「養蚕コーナー」 だけは別になっていた。

蚕の掃立の時は必ず修那羅山で養蚕祈祷をしたと言われ、
修那羅のネズミの口封じの祈祷を受ければ、ネズミに蚕を食べられることはなく、
養蚕は必ず成功すると言われました。
人々はこのための講を組織し、その数250と言われています。
(「修那羅の信仰に諸人こぞりて」より)

  

 

  

▼どうやら猫好きさんにも知られているらしき猫神

 

▼狛猫(虎?)の石祠(明治11年)

  

▼布(腰巻)奉納コーナー


つい、めくって中を覗いてしまったけど、特に何も・・・いやほんとにw

鼠除けの護符

 
猫ちゃんが、ちゃんともらっていけよ!とばかりに看板猫をしておりました🐈

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です