下仁田町/復刻された絹笠明神

●西光寺/群馬県甘楽郡下仁田町南野牧6814


西光寺(無住)に復元物の衣笠様が。昨年(2020年)建立とのことで、日本で一番新しいものでは。
ピッカピカの衣笠様は、兼務する町内の常光寺のご住職が安置された。
もともとあったものは下仁田歴史館に展示中です。

「もともとあったもの」は、
南牧村で採掘される椚(くぬぎ)石製で、台石を含め高さ125cm。
右手に繭を持ち、左肩にクワの枝を携え、額にカイコガとみられる模様がある。
西光寺の版木には、獅子に乗った衣笠明神が彫られていて、頭に経管(反物)、左手に糸巻、右手に繭の付いた桑の枝を持っているといいます。
お寺のお札として販売したり、行商人にお札を卸していたといいます。

(下平武)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です