座間市・大和市/蚕神社・蚕影社

●蚕神社・伊奴寝子(いぬねこ)社/神奈川県座間市座間1-3437 座間神社(境外)

いちおう神社敷地内なのだが、裏の道からしかお参りできない。
(本殿前をペットを連れて通らないようにだろう)

<かつて畜産や養蚕が盛んな頃、当社の境内に家畜などを疫病から守護する蚕神社(伊奴寝子社)が祀られていました。
古くよりこの社にお参りすると願いが叶えられるという篤い信仰が伝えられていましたが、いつしか時代が変遷して現代では多くの人が愛するわが子同様に家族の一員として犬や猫と生活を共にしており、人間の家族以上に愛情を注ぐ人も少なくありません。
この社は、大切なペットの健康や幸せを願い、疾病や怪我の回復を祈り、事故などに遭遇しないための全ての愛しい生き物たちをお守りするための社です。
お気軽に犬や猫などペットとご一緒にご参拝下さい>(案内板より・2012年)


昭和3年、「上宿・中北養蚕組合」 から 「蚕神社」 という祠が奉納され、境内に設けられた(再建かも)。
祭神:保食神
御神徳:養蚕増産・安産成就・子授成就

 

 

●蚕影社/神奈川県座間市新田宿288 諏訪明神境内

蚕影社 祭神:蚕神   慶應2年(1866)創建
天神社 祭神:菅原道真  創建年代は不明

境内社としてまとめられていた。
扉に鍵は無く、同じような 「こすり石」?が置いてあり、ゴシゴシしてご利益をいただくのだろうけど・・・
宮司さんも丸石が何か不明だそうで、昔からやってあるので続けているだけだとか。
蚕影社の本尊は木札に神名が墨書してあるものだそうです。


諏訪明神付近の農地(畦)に桑の木が残っている。桑茶の栽培か?

(中川)

 

 

●蚕神さま/神奈川県大和市下鶴間1938 鶴林寺


蚕神さま。御神体は鏡。
天神さまと並んでいるのは座間市の諏訪明神と同じ。


平成14年再建だが、それ以前は2枚目写真の状態だった。
現存している石祠は天王のものだが、蚕神も並んでいたそうだ。
養蚕はとっくに終わっているので参る人もほぼいないが、この辺りが大養蚕地帯だったので寺として残しておこうと社を再建したとのこと。
なお、この場所は鶴林寺境内ではあるが、不動堂の敷地というのが正しい。
かつては、不動堂へ参拝しに来た集落民がついでに拝んでいたとか。


不動堂の前にはカワラケを燃やした跡があって、こちらは今も信仰が続いている模様。
不動尊の縁日「初不動」(1月28日)には「だるま市」が開催される。


祠内の木札には「奉造立蚕大神宮御日待~」とあるが、寺としては特にやってなかったらしい。
大和市「つる舞の里歴史資料館」の学芸員さんによると、
講中としては「かいこ日待」を小正月にやっていた。
大和市は講を続けている所が多いが、養蚕掛軸は未調査とのこと。
何か保管しているとしたら、近くの公民館になるそうです(講中の集まりで宿番をやめて公民館を使うようになっているから)

(中川)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です