相模川と蚕神(3)座間市/蚕神社・蚕影社

●蚕神社・伊奴寝子(いぬねこ)社/神奈川県座間市座間1-3437 座間神社(境外)

いちおう神社敷地内なのだが、裏の道からしかお参りできない。
(本殿前をペットを連れて通らないようにだろう)

<かつて畜産や養蚕が盛んな頃、当社の境内に家畜などを疫病から守護する蚕神社(伊奴寝子社)が祀られていました。
古くよりこの社にお参りすると願いが叶えられるという篤い信仰が伝えられていましたが、いつしか時代が変遷して現代では多くの人が愛するわが子同様に家族の一員として犬や猫と生活を共にしており、人間の家族以上に愛情を注ぐ人も少なくありません。
この社は、大切なペットの健康や幸せを願い、疾病や怪我の回復を祈り、事故などに遭遇しないための全ての愛しい生き物たちをお守りするための社です。
お気軽に犬や猫などペットとご一緒にご参拝下さい>(案内板より・2012年)


「座間の石造物」より引用
「蚕神社は最初から座間神社境内に建てられたもので、社歴としては最も新しい社であり、昭和3年に地元の人達によって五社に並んで祀られたものである」
「上宿・中北養蚕組合」 上宿は座間神社がある一帯。中北は小字もしくは小字以下の細かい区割りと思われますが、文字の意味からして座間神社界隈でしょう。
祭神:保食神
御神徳:養蚕増産・安産成就・子授成就


座間は昭和12年に陸軍士官学校とかができた(今のキャンプ座間)のだが、土地接収の話しはもっと前からあっただろうし、桑畑とかもそれで消えただろうと想像できます。

 

 

●蚕影社/神奈川県座間市新田宿288 諏訪明神境内

蚕影社 祭神:蚕神   慶應2年(1866)創建
天神社 祭神:菅原道真  創建年代は不明

境内社としてまとめられていた。
扉に鍵は無く、同じような 「こすり石」?が置いてあり、ゴシゴシしてご利益をいただくのだろうけど・・・
宮司さんも丸石が何か不明だそうで、昔からやってあるので続けているだけだとか。
蚕影社の本尊は木札に神名が墨書してあるものだそうです。


諏訪明神付近の農地(畦)に桑の木が残っている。桑茶の栽培か?

(中川)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です