八王子市(6)浅間神社のだんご祭り

●浅間神社/東京都八王子市台町2-2-3

この浅間神社は八王子市の冨士森公園内にある。
例年7月31日から8月1日に例大祭が行われる。


その宵宮は、境内で団子を売る露店が出ることから地元では「だんご祭り」と呼ばれている。
それは、「明治の中頃、社頭に住居して宮守をしていた者が、当社に献じた洗米で団子を作り、希望者へ分与した」とか、「明治40年ごろ、氏子が神前に団子を献饌した」のが始まりと言われているが、その後、団子屋が増えて参詣者で賑わい名物になったようだ。


「この団子を食べる者は暑気にあたらない」ということでいただいた。


明治後期の地図をみると、神社の周りは一面の桑畑!
きっと当時の「献饌した氏子」とは養蚕農家や製糸関係者でしょう。

明治40年頃といえば、日露戦争(明治37~38年)の後で国威発揚で俄然盛り上がっていた頃だろうし、桑都八王子の養蚕製糸業界も絶好調だったことだろう。
また、明治30年ころから地域の秋蚕生産も盛んになっていただろうし、この夏祭りが賑わったことは想像にかたくない。
この時期の団子というのは、元々は「お盆のお供え団子」なのだろうが、小正月の繭玉飾りから続く「米の団子」を供えられる生活の向上を祝い感謝するものとしてお供えされたのではないだろうか。


今年は、「本殿新築竣工奉告祭」を兼ねているようだ。


本殿は、拝殿裏にある富士塚の上に建てられている。
浅間神社は慶長17年(1612)に勧請されたようだが、富士塚は後年(江戸中期以降)に築かれたのだろう。
当社は元々拝殿がなく、祭典は山上で行なわれていた。
どうしてこの日が例祭日なのか分からないけど、本宮では富士開山祭が行なわれる時期だからかも。


祭神は、木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)


稲荷社にも鏡餅。


神輿には、稲の苗?が供えられている。


宵宮(7月31日)に「湯の花の神事」が行なわれる。
笹竹を立て注連縄を張った斎場の真中に大釜を据えて湯を沸かす。
神官が笹の枝で湯をかきまわし列席する氏子に振りかけて無病息災を祈願する。
かつては豊凶占いもしたらしいが、それらしい様子は今はない。


湯立が終ると参詣者に釜の湯を振舞われる。
この湯を飲むと暑気払いになるということでいただいた。
ちょっぴり塩味、ほんのり笹の香り。
甘い団子に合いますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です