伊勢崎市・渋川市/絹笠明神刻像塔(頭に反物)

絹笠明神の刻像塔で、頭に反物をのせているのは群馬の特徴。
文政10年(1827)に版元鶴屋喜右衛門によって出されたという錦絵が元になっているのだろう。
その錦絵を養蚕地帯に広めたのは、蚕種屋なのだろう。

●石山観音堂/伊勢崎市下触町4

 
石山観音の本尊は馬頭観音で、馬の信仰で知られていた。
大きな鰐口は、天明7年(1787)のもので、この下を馬を通して馬の無病息災を祈願した。


本堂


本堂裏手には巨石群が磐座として祀られている。
この巨石群は、13万年ほど前に赤城山の中央部分が崩壊し、その土石流で形成されたものだそうだ。
その一部が本堂に突き刺さっている!
というか、実質の御神体として祀られているのだろう。
この周囲に石塔がいくつも建てられている。


刻像塔「絹笠明神」
頭に反物(5本) 右手に桑 左手に種紙


刻像塔「絹笠明神」2
頭に反物(3本) 両手に桑持ち 元治元年(1864)


馬頭大士 大正9年


大日如来


庚申塔 1猿1鳥


二十二夜塔 如意輪

 

 

●下川島薬師堂石塔群/渋川市川島


畑の奥にポツンと建つ薬師堂、その周りに石塔群。


刻像塔「絹笠明神」元治2年(1865)正月

馬(見返り)にまたがる女神
頭に反物(5本)、左手に糸枠、右手に桑


右端は青面金剛、左側に如意輪、他は馬頭観音


天明3年(1783)4月・・・この頃から浅間山噴火が始まっていて7月に大噴火

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です