福島市/蛇神と小手姫大神と蚕祖神

●大宮神社(摂社・蚕養神社)/福島市飯野町西宮平51-2


摂社として蚕養神社があるらしいが・・・


石祠がいくつかあるものの、どれがそれかなのかはわからなかった。
ただ、蛇神の石塔が目立ったので、養蚕信仰と関わりがあったと思われる。


蛇が2匹


「蛇霊神」


蛇神・日吉神社


金精様

 

 

●小手姫大神/福島市飯野町西宮平10?2

上記の大宮神社とは50mほどしか離れていない。
境外摂社なのかもしれない。


鳥居の下に狛狐があって、稲荷社かと思ったら、鳥居の扁額には小手姫大神とあった。
小手姫は福島県だけに祀られている養蚕・織物祖神である。


社殿が二つ並び、右手が稲荷社、左が小手姫大神である。


社殿内に金色の御幣が見えたが、特に何もなかった。

 

 

●鹿島神社(境内社・養蚕神社)/福島市鳥谷野宮畑8


境内社に養蚕神社があると言うので立ち寄った。
式内社鹿島神社の論社の一つである。


面白いのは本殿にかかる注連縄が麻縄であったこと、他では見たことがない。


社頭の由緒書きにも、養蚕神社(保食命)と明記されているが・・・


境内にいくつかの石祠が並ぶものの、どれが養蚕神社であるかはわからなかった。


一つだけ離れた境内社、養蚕神社か?


猿田彦 寛政12年

(水)

 

 

●春日神社・蚕祖神社/福島市渡利舘32

蚕祖神社は京都太秦の蚕の社である木島神社よりの勧請、京都から2柱の御神像を遷し、福島県立蚕業学校に祀っていましたが、戦後公立高校で宗教活動が分離させるようになり、春日神社の横に遷座することとなりました。

<説明板より>
蚕祖神社は、昭和11年(1936)県立農養蚕高等学校の前身福島県立蚕業学校の同窓会が、母校の創立40周年記念事業として、蚕祖神の稚皇産霊神・大宜都比売神の2柱の神と松川関谷の蚕養神を合祀勧進した神社である。
この社が、その実技を学習する県内唯一の学校であった蚕業学校の同窓生の手によって勧進されたことにも全国的にめずらしく福島県が養蚕県として全国的に1.2を競った時代と考え合わせて、意義のある神社である。


御神体には、桑葉を捧げる坐像の蚕祖神2体がまつられている。
この御神体(本尊)は京都太秦に祀ってあった男女2体の神像で、男身は笏(しゃく)を手にし、女身は桑葉を満たした籠(かご)を持ち、蚕祖神であることがうかがえる。またその装束に百済文化も見ることができる。


境内には、蚕神石塔と桑の木も祀られています。

(中森)

蚕祖神社は、元は弁天山に祀られていたそうですが、蛇神(巳待講)と関係あるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です