京都市(5)織物の神様と周山街道

●今宮神社/京都市北区紫野今宮町21

摂社に織姫神社があります。
織姫社の御祭神は栲幡千千姫命、七夕伝説の織姫に機織りを教えたとされる織物の神様です。
西陣織に携わる方々や繊維業界から厚い信仰を集めていて、8月7日には七夕祭もおこなわれます。


今宮神社の楼門

本社
御祭神:中御座・大己貴命、東御座・事代主命、西御座・奇稲田姫命
 
織姫社
御祭神:栲幡千千姫命
「杼(ひ)」の形の献灯が眼を引きます。


七夕飾り

稲荷社がいっぱい

織田稲荷神社
ここも織物と関係あるかな?

●敷地神社(わら天神)/京都市北区衣笠天神森町10

京都で古くから安産のご利益で有名な神社で、私がお詣りしたときも沢山の妊婦さんが、御守りや腹帯を授かりに来られていました。
御祭神は木花開耶姫命を主祭神とし、天日鷲命(あめのひわしのかみ)・栲幡千千姫命を配祀しています。
この三神は織物や養蚕にとても関係するお三方
木花開耶姫命は、養蚕神として祀られる神様
栲幡千千姫命は、織物の神様
天日鷲神は、阿波国を開拓し、穀麻を植えて紡績の業を創始した阿波忌部氏の祖神
織物に関係するお三方が揃うのは興味深いですね〜


参道

拝殿

木花咲耶姫が瓊瓊杵尊の子供を出産した時の逸話から、強い母親の姿が安産の神として祀られていて、安産の祈願のよだれかけが奉納されています。

本殿

お隣には八幡神社

●落葉岩戸神社/京都市北区小野下ノ町170

京都と福井を結ぶ周山街道
街道沿いに佇む赤い鳥居と大きな銀杏の木
大きな銀杏は境内を包むように黄金色に染め上げていました。
御祭神は、天御衣織女稚姫神(あめのみそおりめわかひめのかみ)、彌都波能売神(やづはのめのかみ)、瀬織津比咩神(せおりつひめのかみ)

 
大きなイチョウの木で境内は黄金色

御本殿二棟のうち向かって左が岩戸神社、右が落葉神社です🍂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です