美里町・本庄市・深谷市/蚕影社と稲荷(おとがさま)


赤城山と妙義榛名
このあたりは、蚕影の集中地帯で興味深いけど、どこから来たのか、
ほとんど手がかりなし・・・
たぶん赤城山方面から利根川をくだるように伝播してきたのでは?
というのが、現状の仮説。


たぶん大正から昭和初期くらいの地図(黄色が桑畑)


畑の畦に桑が植えてあった(本庄市北堀665あたり)

●北向神社(北十条/児玉郡美里町北十条634

 
境内に桑の木を発見!「一ノ瀬」かな。

 
別の種類の桑の木もあった。「シマグワ」かな。
どこかから鳥の糞で種が運ばれてきて自生したんでしょうね。

 

●大寄諏訪神社/本庄市西五十子632-2


梶紋の瓦・・・諏訪大社は梶紋だからかな?


「蚕養神社」

 

●金鑚神社/児玉郡美里町下児玉322


「蚕影大神」明治38年6月 田端氏による奉納

 

●大寄八幡神社/深谷市榛沢1246-2

 
1月15日、養蚕倍盛のご利益のある虚空蔵様の縁日で参詣者には繭玉団子が配られていたそうだ。
別当は、上之宮は真言宗経蔵院、下之宮は真言宗弘福寺で、その関係なのだろう。

 

●二柱神社/深谷市榛沢新田1003

当社は榛沢新田の守り神として、慶長11年(1606)に開発に関わった人々によって創建されたと伝わり、神仏分離までは、大聖歓喜天を祭神とし、聖天社とよばれていた。神仏分離で本地仏は永楽寺に移され、明治7年に社号を二柱大神社と改めた。
今でも氏子の間では、「聖天様」の通称で親しまれており、縁結び・夫婦和合・子授け・病悩・賊難からの解脱などのご利益があるとされる。当社の本殿には、厨子に入った高さ約17センチの歓喜天像が安置されている。この神像は永楽寺に納められていたが、昭和34年4月に当社本殿に奉遷されたもので、「聖天様のお姿」として大切にされている。
(「埼玉の神社 大里・北葛飾・比企」埼玉県神社庁神社調査団)


「蚕影山神社」
剣型の窓があいた箱に御神体・・・金色の御幣みたい(金色姫?)、御幣の立て方も独特。

年間の祭典で、蚕影山神社祭(4月11日)がある。蚕影山神社は養蚕の神として信仰が厚く、その蚕影山神社祭では、近隣の村からも多くの人が参詣に訪れ、祭典に供えられた繭玉を撤下品としていただいて帰るのが例であった。

 

●熊野大神社/深谷市沓掛258

似たような石祠がきれいに並んでいるけど、同時期なのか?右端が蚕影。
七つのセンターは何だったかなあ?

「蚕影神社」

●北向神社(小茂田/児玉郡美里町小茂田4-2

 
「稲荷神社」(祭神:宇迦之御魂命)
「昭和40年代まで、養蚕農家がこの土製の狐を一体お借りし、
繭豊作のお礼に二体お返しする慣わしがありました」
(案内板より)


「倍返し」で増殖していったわけですね。

●若泉稲荷神社/本庄市北堀209


「お稲荷様(おとがさま)」=陶製眷属像
これも倍返しで増殖したのだろうか。

●東本庄稲荷/本庄市北堀


大小ツイン鳥居が特徴的。
「かつて養蚕お札を出していた」という。

 
手作り感満載の狛キツネ。


鈴4つともジャラジャラ鳴らすのは意外と難しい(笑)


神殿裏の産土神コーナーに、鉄骨鳥居の稲荷社(昭和9年)
いい感じのたたずまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です