美里町・本庄市/蚕養神社と稲荷(おとがさま)


赤城山と妙義榛名
このあたりは、蚕影の集中地帯で興味深いけど、どこから来たのか、
ほとんど手がかりなし・・・
たぶん赤城山方面から利根川をくだるように伝播してきたのでは?
というのが、現状の仮説。


たぶん大正から昭和初期くらいの地図(黄色が桑畑)


畑の畦に桑が植えてあった(本庄市北堀665あたり)

●北向神社(北十条/児玉郡美里町北十条634

 
境内に桑の木を発見!「一ノ瀬」かな。

 
別の種類の桑の木もあった。「シマグワ」かな。
どこかから鳥の糞で種が運ばれてきて自生したんでしょうね。

 

●大寄諏訪神社/本庄市西五十子632-2


梶紋の瓦・・・諏訪大社は梶紋だからかな?


「蚕養神社」

 

●北向神社(小茂田)/児玉郡美里町小茂田4-2

 
「稲荷神社」(祭神:宇迦之御魂命)
「昭和40年代まで、養蚕農家がこの土製の狐を一体お借りし、
繭豊作のお礼に二体お返しする慣わしがありました」
(案内板より)


「倍返し」で増殖していったわけですね。

 

●若泉稲荷神社/本庄市北堀209


「お稲荷様(おとがさま)」=陶製眷属像
これも倍返しで増殖したのだろうか。

 

●東本庄稲荷/本庄市北堀


大小ツイン鳥居が特徴的。
「かつて養蚕お札を出していた」という。

 
手作り感満載の狛キツネ。


鈴4つともジャラジャラ鳴らすのは意外と難しい(笑)


神殿裏の産土神コーナーに、鉄骨鳥居の稲荷社(昭和9年)
いい感じのたたずまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です