遠野市/倭文(ひどり)神社の菩薩像

●倭文(ひどり)神社/岩手県遠野市土淵町土渕18地割174

  

12世紀の終わり頃、五日市館の主、橘氏の守護として文殊菩薩を勧請したのが始まりで、明治までは文殊社として崇敬されていました。
明治以降は倭文神社と改められましたが、子供達の知恵の向上を祈り、学童の清書が奉納され、健康と筆跡の上達を祈願されているそうです。

 

御祭神 天照皇大神・下照姫命・瀬織津姫神

    

境内社には普賢社があり、祀られているは象に乗った普賢菩薩
本殿の文殊菩薩と境内社の普賢菩薩は釈迦の脇侍の仏様
何故ここが倭文神社と改名されたのかは定かではありませんが、
御祭神の一柱が下照姫命であるのが、織姫の神様としてお祀りされているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です