飯田市(3)梨子野峠の蚕玉様・青木の蚕玉様

蚕玉様の石碑 長野県飯田市山本青木地籍

この蚕玉様はかつて、山本から清内路へと至る街道であった梨子野(なしの)峠山頂に祀られていた。
梨子野峠は、手作り花火で有名な清内路と山本とを繋ぐ、
清内路街道の重要な要衝であった。天正10年2月14日、織田軍の信濃侵攻にて先鋒隊団景春、森長可らが清内路街道を通り、また文久10年2月8日には勤王家松尾多勢子が梨子野峠を通り京へ向かった。
元治元年11月25日には水戸浪士隊が清内路街道を抜け岐阜県中津川へと至る。
こうしてみると、山中のいち峠とは言い捨てられないほどの深い歴史がある。

蚕玉様の石碑だが、こちらは明治15年11月20日、山本村中で峠山頂に建立したものである。蚕玉様が蚕玉の上に座り、桑と蚕紙(蚕の卵を取る紙)を手に持っている姿が掘り込まれている。大きさは大人の背丈ほどもあり、これだけの巨大なものを峠の山頂まで運んだことを考えると、いかほどの苦労であっただろうか。
しかし、大正9年には新道建設により通行が途絶えたため、現在の清内路峠中腹、青木地籍に移転されている。昭和20年代までは祭が続けられ、深い信仰を集めていたが、現在は当番が榊を立てて祀るのみである。

<所在地>
35°28’42.6″N 137°44’04.5″E
近くの空き地に車を止めて山を少し入ると、三十三観音と共に祀られています。
入り口からちょっと山に入ったところなので、苦労もなくお参りできます。
一番上に蚕玉様があり、そこまでには山本側の三十三観音の石碑もあり、中々素晴らしいですよ。

飯田市山本青木地籍

明治15年初冬に竹村氏により建立されました。

(岡庭圭佑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です