川俣町/小手姫伝説

《小手姫伝説》  福島県伊達郡川俣町「はたおり神社」という神社があります。

小手子像は川俣町中央公園にあります。
像は巨大で、7mもあります。川俣町ゆかりの彫刻家 橋本堅太郎氏の作品です。

養蚕の様子が描かれています

こちらは機織りの様子です。

伊達は昔から養蚕で栄え、現在も上質なシルクが特産品の町です。シンボルはおてひめさま。いたるところにおてひめさまと養蚕に関わるものが見つかります。

《小手姫伝説》は、小手子が天皇の寵愛が衰えたことを恨み、献上された猪を見て天皇が漏らした「何の時かこの猪の頸を断るがごとく朕が嫌しと思うところの人を断らむ」という独り言を、蘇我馬子に密告したのが、崇峻天皇暗殺事件のきっかけとなったという記述があります。
その後小手姫は現在の福島県川俣町に落ち延び養蚕を伝えました。

小手子の子、蜂子皇子は厩戸皇子の計らいで京を逃れ、山形県鶴岡市の出羽三山の開祖となったと伝えられていますが、小手子も蜂子皇子を捜し、実父と娘・錦代皇女とともに東北に落ち延びたましたが、旅の途中に錦代皇女を亡くした小手子は、故郷の大和の風情に似た、現在の福島県伊達郡川俣町や伊達市月舘地域に桑を植え養蚕の技術を伝えたといいます。
その後小手子は、蜂子皇子に会えないことを悲嘆して、川俣町の大清水に自らの命を断ったという悲しい伝説です。

            

町の中心には「シルクピア」と「織物展示館 からりこ館」という施設があり、体験などもできます。

計画的避難区域だと思っているかたも多いと思いますが、川俣町の市街地は通常営業しています。山木屋地区も昨年4月に解除され、今は帰還している世帯も増えています。
(桑久保紀代子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です