豊田市/くらし発見館と蚕霊塔

●豊田市近代の産業とくらし発見館/豊田市喜多町4-45

名鉄豊田市駅から5分ほどのこの建物は大正年間のもので、愛知県蚕業取締所であったという。

 

前日に電話して学芸員のKさんに連絡していたので、話は早かった。
簡単に展示物の説明も受けた。
ジオラマやカイコの模型などは、すべて職員の手作りだそうである。
もちろん、蚕も飼っている。

蚕霊塔の資料は5件、これからもっと集めたいとのこと。
その中で、「石塔があるのは、(蚕霊神社のある)蚕霊山が望めない場所です」とのこと。
つまり、蚕霊山が望める場所では、直接お山を遥拝していたということか。
先日訪れた押山町も蚕霊山が望めないから、蚕霊さまの祠を拝んだのかもしれない。
現在、わかっている豊田市内の蚕霊塔は以下の通り。

・広昌院   養蚕塔   豊田市力石町井ノ上117
・八王子神社 養蚕大祖神 豊田市浅谷町字中屋477
・半僧坊   蚕霊大神  豊田市一色町城ケ洞547-1 (一色集会所)
・神明神社  養蚕大祖神 豊田市上中町綱所1340 (上中公民館)
・庚申堂   養蚕大祖神 豊田市下中町宮ノ前2479-1
・長興寺   養蚕塔   豊田市長興寺1-29
・正林寺   蚕霊尊天  豊田市広幡町寺後7

 

話の中で、
K「正林寺はご存知ですか」
S「蚕霊さまの木像があるんですよね」
K「ご存知でしたか」
S「行けば見せてもらえますか」
K「事前に電話すれば、たぶん」

この正林寺、あの茨城県の星福寺から蚕霊尊を勧請したという(明治25年)。
ということは、正林寺の蚕霊尊は星福寺のレプリカか。
しかも、後でわかったことだが、この発見館が所蔵する正林寺の掛け軸の図柄が、以前に星福寺を訪れたときに、住職が我々の目の前で刷ってくれたお札に瓜二つである。

 
帰ってから、Kさんに連絡して、再訪の折はぜひ、正林寺の掛け軸を見せていただきたいとお願いすると、1週間前に連絡がほしいとの返事であった。
いずれにしても、正林寺の蚕霊尊や掛け軸は見たいものである。

発見館の常設展では、養蚕の展示も多くなかなか充実していた。
また、加茂蚕糸場についても、展示されていた。

 

その後、蚕霊神社の話になり、「そういえば、5年ほど前に蚕霊神社の例祭を撮影してあるので、見ますか」との話に、「ぜひ見せていただきます」ということで、20分ほどのDVDも見せていただいた。
なかなか盛大な例祭で、参列者は50名以上、祭礼を執り行う神職は6名もいた。
祭礼の後は酒食も出る直会で、参列者が昔話に盛り上がる場面もあった。

(水)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です