羽村市/体験学習会「まゆ玉だんごを作ろう!」

羽村市郷土博物館で開催された学習会にカイコローグメンバーで参加。

羽村市はかつて養蚕が盛んだったようだけど、今では見る影も無い。
でもこの繭玉を見て、「タイムスリップしたみたい!」と昔の記憶がよみがえった人も。

■「繭玉だんごのつくりかた」


ボウルに米粉(180g)を入れ、お湯(110cc)をゆっくり入れて、しゃもじで混ぜる。
(写真は2人分の分量)
この米粉は、地元羽村でとれた餅米。


お湯が冷めてきたら手でグリグリとこねる。
始めはパサパサしているが、次第にまとまってくる。


細長く伸ばして、しゃもじで3cmくらいの幅に切る。

丸めたり、繭の形にする。

蒸し器で25分くらい蒸す。
竹串を刺して串に粉がつかなければできあがり。
うちわであおいで団子を冷ますとテリが出て飾った時に綺麗。


左)ビフォー 右)アフター

「繭玉飾り」は、作物の豊作を祈る(予祝)飾りもの。

この羽村のあたりでは、1月10日以前に作って飾り、小正月(14,15日)にお祝いして、
16日にどんど焼きしたり、煮て食べたという。

木の枝に餅や団子をつけ、かつては米の豊作を願ったもの。
餅を使う方が古制で、餅花などとも呼ばれる。
後世、養蚕が盛んになると、繭型に作った団子をつけて繭の収穫を願い、
「繭玉」(めーだま)と呼ばれるようになった。


繭玉団子とミカンを木の枝に刺して飾る。
木は「つげ」とか「梅」とか、地域によって違うけど、近くにあるもので。


生糸をかけるのが、ここの特徴のひとつ。
飾っている間に硬くなってしまうけど、後はお雑煮にしたり、「パリパリになったら油で揚げてあられにして食べる」のだとか。

 
保存建物である「旧下田家住宅」にも飾る。
幕末期の農家で、茅葺・入母屋造り(扠首構造)
土間に天井が張ってあったのは、養蚕のためかな。


でい(出入、出居)の間と呼ばれる、畳敷きの客間に飾り付け。
学芸員さんによると、
「16メーダマと呼ばれる大きな16個のまゆ玉を先に飾っておいて、
ミカンや小さい繭玉団子を加えていく」。

周辺の青梅や八王子、東村山でも16個だったようだ。

この基本の数は、地域差があっていろいろ。
群馬では、十六善神と馬鳴菩薩が祀られている寺があった。
この数の指定は、布教者の教義によるものだと思う。

ダルマと御膳を供える。
養蚕農家では、ダルマ飾りも「養蚕が当たりますように」という縁起物。
カイコの病気除けとも関係があると思う。

実際にやってみると、自然に帰しながら豊作を祈るという農業の循環を感じる。
こうして1年が始まるのだな、と実感できる正月行事でした。

■繭を使ったストラップづくり


団子を蒸している間にアトラクション。
桜の枝などを使って草木染された繭でつくる。

 
桜の枝も、花が咲く時期のものが、綺麗なピンクになるとか。

■常設展示とか


地域の正月飾りが展示してあった。
これは「神酒口(みきのくち)」という竹細工。
「けっこう高いので、紙でいいことにした」という話をどこかで聞いた(笑)


養蚕の道具も展示されている。
「繭かき」に使うザルも豊作祈願の縁起物として門前市などで売られていた。


多摩川の河原では、どんど焼きの準備がされていた。

翌日の河原での、どんど焼きの様子。

「どんど焼き」は、ワラや竹で作った小屋の周りに、正月のお飾りなどを積んで焼き、その火で餅や団子を焼いて食べ、一年間の無病息災を願う伝承行事。


焼く団子とは別に、お飾りの繭玉3個付きの枝(ツゲ)も売っていたようだ。

この他、「繭玉作り」が体験できたり、展示が見られたりする施設。
2018年の情報です。

●「繭玉飾りで製糸場に彩り」@富岡製糸場東置繭所(富岡市)
2018年1月7日(日)
米粉で作った白、赤、緑の団子を、約3.5mのヤマボウシの木に付けていった。団子は約800個用意し、観光客も体験して伝統行事に触れた。養蚕農家らでつくる甘楽富岡蚕桑研究会が、2007年から続けている。

繭玉飾りで製糸場に彩り 富岡 伝統的な小正月行事

 

●「まゆ玉飾り」@国営昭和記念公園 こもれびの里 農家
2018年1月6日(土)~12日(金)10:00~16:00
自由観覧、作るのはボランティアさんかな?

http://bit.ly/2mwonaJ

 

●「まゆ玉飾り」の飾り付けと展示@小平ふるさと村の旧神山家住宅主屋
平成30年1月6日(土)~14日(日)
※1月6日(土)午前10時から旧神山家住宅主屋で「まゆ玉飾り」の飾り付けを行います。
米の粉で繭(まゆ)の形のだんごを作り、かしの木などにみかんなどを一緒にさして飾る。

http://kodaira-furusatomura.jp/news/9113

 

●「まゆ玉飾りー小正月モノヅクリ」@川崎市立日本民家園
2018年1月7日(日)10時~12時
<実演>ニワトコという植物を使ってアワボ・ヒエボやケヅリカケという飾りを作る実演と、米粉を使ってまゆに見立てた団子飾りを作ります。

http://www.nihonminkaen.jp/archives/4161/

 

●「まゆ玉飾り」@狛江市立古民家園(むいから民家園)
2018年1月10日(水)~13日(土)
※1月10日水曜日午後の飾り付けに参加できます。
紅白の団子のまゆ玉を作り、柳の木に飾り付けます。
http://www.komae.ed.jp/news/index.cfm/detail.12.3129.html

 

●「繭玉団子飾り展示」@大和市郷土民家園(泉の森内)
2018年1月11日(木)~14日(日)
紅白のお団子やキンカンの実をクヌギの枝に刺して飾ります。

1/11(木)~1/14(日) 繭玉団子飾り展示 【郷土民家園】

 

●「まゆ玉飾りづくり」@東村山ふるさと歴史館
2018年1月13日(土)午前10時から正午

https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/tanoshimi/rekishi/furusato/jigyo/taikenjigyo/mayudama.html

 

●「繭玉作り」@世田谷区立次大夫堀公園民家園
2018年1月13日(土)
ここはすごい!餅つきからやるんだ!白蛇の形も作るらしい。

http://tamagawa.circlemy.com/event-06.html

 

●「子どもチャレンジ! 繭玉飾り」@奥富公民館(狭山市)
2018年1月13日(土)13時30分~15時30分頃
米の粉で繭や里芋に見立てたお団子を作り、ナラの枝にさして飾りつける
みんなで飾った後は、一緒にお団子を食べてお祝いしましょう!(対象:小学生)

http://bit.ly/2CToW4v

 

●「小正月のまゆ玉飾り」@清瀬市郷土博物館
2018年1月13日(土)午後1時30分から午後3時
「まゆ玉飾り」を作り、焼きだんごを試食します。
http://www.city.kiyose.lg.jp/s058/020/010/040/20171125152045.html
<昨年の様子>
http://ohirome.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

 

●「繭玉飾りと七草粥つくり」@立川市歴史民俗資料館
2018年1月14日(日)10時~13時

 

●里山体験講座「小正月にまゆ玉飾りを作ろう!」@埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター(所沢市)
2018年1月14日(日)10時00分~14時30分

http://www.pref.saitama.lg.jp/sainokuni/headline/1712/hl2017122703.html

 

●「小正月の繭玉飾り」@龍勢茶屋(秩父市吉田久長32)
2018年1月15日頃まで直売所入口とお食事処でご覧いただけます。
<龍勢茶屋フェイスブックのページ>

【 まゆ玉飾り 】当店毎年恒例の光景です。今年も小正月を前に、まゆ玉を作り店内に飾り付けをいたしました。本日は大安、今朝、スタッフで作ったものです。1月15日頃まで直売所入口とお食事処でご覧いただけます。お客様からは「最近は作る…

龍勢茶屋さんの投稿 2018年1月10日(水)

<作り方>
お葬式と同じでは縁起が悪いので、それと区別するために2つずつまるめる。
繭玉に見立てた団子だけでなく、豊作を祈った臼(うす)、春一番の鳥であるウグイスも作ります。
http://blog.livedoor.jp/yoshida_jin/archives/22606527.html

 

●「繭玉飾り」@本郷ふじやま公園(横浜市栄区中野町56-1)小岩井家住宅
ボランティアさんが作ってるのかな?なかなか豪勢な雰囲気。

http://bit.ly/2D073o5

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です