町田市・相模原市(3)境川と蚕神

●幸延寺(日蓮宗)/相模原市南区鵜野森2-32-2

境内には、金色大明神と愛敬稲荷が祀られている。
この金色大明神は養蚕の神であると同時に黄金が実るということで、
付近の農家の人たちによって祀られていたらしい。

 
金色大明神とは、金色姫のことだろう。桑の枝をもつ。
浅草の妙音寺にも 「金色養蚕大明神」 という例あり。

住職の奥さんに尋ねると、
「初午の日と二の午の日に分けて、地域の人がお参りしてます。
この辺には遊郭があって、その関係の人が最初に祀ったらしい。
(養蚕は?)ああ、このあたりはみんな養蚕やってましたよ。
地域のお参りにくる人も農家だった人・・・」

初午の日・・・愛敬稲荷(遊郭関係者由来)
二の午の日・・・金色大明神(養蚕農家由来)

この地域の養蚕が盛んだったのは、明治から昭和初期にかけて。
土地の多くが桑畑として利用された。
また、市内の各地に見られる稲荷社は元々養蚕にご利益があるとされ、
人気を集めていた。

その昔、町田駅のあたりは、絹製品の流通業者や商人、養蚕農家、
そういう人々を営業と布教でつなぐ怪しい修験と遊郭の客引き・・・
なんかがウヨウヨと賑わっていたんでしょうね。

*明治元年(1868年)の神仏分離令に続き、明治5年、修験禁止令が出された。
明治期には、(元)修験の僧侶や神官あるいは民間宗教者という立場になる。

 

●蚕守(谷口山野)稲荷神社/相模原市南区相模大野2-21-11


妻面には、キツネ(珍しい)と魔除けの鬼

<縁起>
当稲荷神社は、谷口郷霊現閣と称し、安永3年(1774)にはすでに祀られていた。
嘉永7年(1854)、京都伏見稲荷大社より蚕守と記されている御霊をいただいた。

<相模原市立博物館 さまざまな養蚕信仰②>より
春の養蚕が始まる前に行われる大題目(4月17日)は、豊繭祈願で賑わった。
当日は炊き出し、ケンチン汁の支度をして振る舞った。
日蓮宗の寺院である青柳寺から御札とクチドメというお守りが出された。
(クチドメ=ネズミが蚕を食べないように)
絵馬は蚕室に飾っておくと蚕が当たると言われ、前年に借りたものを
新しいものと替える。御守りも絵馬もネズミ除け。
当日は青柳寺の住職がお題目を上げ、講中の者が太鼓を叩きますが、
これは今でも行われています。
(平成24年4月)

 

●白瀧弁天宮/相模原市南区上鶴間本町9-17-33 長嶋神社

 
御神体を白蛇とし、近隣の丘陵の森林にあった天満宮に祭られていたものを
この地へ移したという。
水田へ流れる清水が枯れることのないようにと祀られたと伝えられる。

ヘビは、蚕の天敵のネズミ除けとして信仰される例もある。
また、桐生の 「白瀧神社」、八王子の 「機守神社」(白滝観音)は、
絹織物を広めた機神として祀られている。

*皇武神社/相模原市中央区淵野辺・・・「蚕守神大神」 のご神体は白蛇弁天(オキヌサマ)
*望地弁才天/相模原市中央区田名・・・江の島弁財天坐像を養蚕守護で祀る

 

●鶴林寺/大和市下鶴間1938

 
右)「蚕神さま」 御神体は鏡。平成14年再建。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です