相模川と蚕神(1)田名蚕影山の開帳と和讃

●蚕影山神社/相模原市中央区田名4990堀之内自治会館敷地

蚕影山の例祭は、4月18日と10月18日の春秋2回行われ、
このときにご開帳される。
実際は、その日に近い前後の日曜日に行われる

小さい祠の扉が開かれて、ご神体である金色姫が見えている。

金色姫像は、「桑の木で造ったうつぼ船に乗せられて漂着した」 という
伝説を表現した<船乗り観音型>の意匠になっている。
手の持ち物は遺失しているが、絹糸や桑の枝などを持っていたのだろう。


この木像は、大正11年の銘があり、八王子方面から買ってきたという。
それを近隣の宗祐寺の住職が開眼法要したということのようだ。


10時ころ。
パラパラと小雨の降る中、自治会の方(全て男性)が社殿前に集まる。
その中の一人が、白い御幣を振り、玉串奉奠も行なう。
秋は町内会の人が自分たちで行い、春は神主がきて祈祷するとか。

その中に座間神社の神主さんも参列されていて、
御幣や玉串の扱い方などのアドバイスをされていた。

10時半ころ。
自治会館の中で 「念仏講」 が始まる。

こちらは女性講で、地域の女性のみ。
関心があれば誰でも参加できる、ということだが、実際には、
若い人はなかなか参加しないね~とのこと。

ここでは、金色姫ストーリーを謡う「蚕影山和讃」 が奉納される。
ご開帳が行なわれる春秋のみで、このときだけ集まってやる。
特に練習などはしていないが、
「唱えているうちに思い出すのよ、昔しっかり仕込まれたからね」
いわゆるワークソングではなく、養蚕についての教育的な謡いだと思う。
自治会館ができる前は、金色姫の社殿前にゴザを敷いてやっていた。

 

 

●蠶影神社・稲荷社/神奈川県相模原市中央区上溝7-31-31 JA相模原市 上溝支店

JA相模原市の上溝支店の駐車場に祀られている。
左が蠶影神社、右が稲荷社。
かつては鳥居もあったようだけど敷地が整備されて現在のような形になったようだ。
「蚕霊供養塔」は、「昭和6年10月16日建立、高北蚕桑指導員共□会」の銘あり。
「かながわの養蚕信仰」(新井清/1998年)によると、
この農協敷地には、かつて組合製糸の工場があった。御神体は鋳金の女神立像(金色姫)で箱に「昭和2年4月15日」の銘がある。
(昭和55年当時)お祭りは1月11日に行う。農協養蚕部や飼育主任が準備して、当日は各組合長や農協支店長も参列した。養蚕部長が祝詞を奏上し、参列者全員が玉串奉奠を行う。婦人部は別に総会のときにお祭りを行っていた。
御神体の金色姫像は、持田初治郎によって旧津久井郡周辺の養蚕組合に配布されたものと同じようだ(未確認)。そうであれば配布時期は大正10年ころなので、そのころの創設と思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です