伊達市/猫塚山八雲神社の猫神

●猫塚山八雲神社/福島県伊達市霊山町下小国力持

福島伊達市霊山の猫塚山八雲神社に行きました。
猫札情報があったので事前に連絡し訪問。山の地主の方が管理されています。
神社は山頂にあり、比高は100mほどですが、なかなか険しい山らしく(確かに地形が複雑でわかりづらかった)ご案内いただきました。

道は八雲神社に行く道と、熊野神社に行く道とが途中で分かれます。熊野神社経由の直登ルートと、山を巻いていく道です。モロ地主さん宅を通らねばいけませんので、連絡なしでは難しかったかと。


15分くらいで山頂に立派な社殿が。
扉を開けると、磐座の上に社殿が建っており、岩には猫の姿が彫られています。
山頂付近は土も赤く、岩も赤いです。
この神社、麓の龍徳寺というお寺の伝説に語られています。
龍徳寺の和尚さんが飼っていた猫が「トラ」といい、年を経て化け猫になっていきます。お墓の遺体を食べていた時に和尚さんに退治され、山頂に逃げてこと切れます。そのため、土も岩も赤いとか。
他の方のサイトによると、鉄分を含んでいるので、製鉄関係の流れもあるかもしれないとのこと。

で、お札と版木を拝見。
版木の裏側には、牛頭天王が彫ってあり、もともと牛頭天王もまつっていたそうです。


お札の上側には、お約束の猫神が鼠を取り囲んでいるという、文字を使ったイラストが入ってます。もともと化け猫の祟りを恐れて祀っていたのですが、養蚕の盛んな時期に、養蚕の神様になったということでした。
(牛頭天王「疫神除」/反転画像)


そんなことで、今年、新しく掛軸を作られたとか。
牛頭天王とかわいらしい猫が描かれて秀逸です(シュールかも?)
(下平武)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です