松本市/真光寺の繭額

●真光寺/長野県松本市梓川上野1918

上野のお庚申様として、地域の信仰があり初庚申にはだるま市がたったという。
江戸期までは真言宗であったが、明治初期に廃仏毀釈でいったん廃寺となり、明治15年に曹洞宗として再興した。


本堂には三猿像などとともに繭額が奉納されている。


繭額は明治38年のもので、養蚕農家140軒が1軒あたり5個ずつの繭が張り付けてある。
さらに10年以上豊作が続いたものには赤丸が、5年以上には黒丸が付されている。


(水)

 


「上野庚申 大当たり」「養蚕豊穣 福嘉美(福紙?)」
材質は薄めのクラフト紙くらいの和紙、50センチ×80センチです。
たぶん、初庚申(1~2月)のときに縁起物として配布された「掃き立てにつかう蚕座紙」では。
(下平武)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です