川俣町・二本松市/猫稲荷神社

●猫稲荷神社/福島県伊達郡川俣町西福沢

ここは江戸時代は稲荷神社でしたが、明治に入ってから、養蚕の神として、猫稲荷神社へ変わりました。多くの猫絵馬が奉納されました。
養蚕農家にとって、山間の農地ではそれほど米も採れず、繭の出来次第で、豊かになるか貧しい生活を強いられるか、暮らしの生計がかかっている。
そんな大事なお蚕様を守ってくれるのが、猫神様🐈


神社の鳥居には猫の像が掛けられている😸


猫の絵馬も奉納されていて、以前は盛んにお詣りされていたんでしょうね〜✨
(中森あゆみ)


見え難いですが、上の方の細いところに猫の頭が、線で彫られています。真ん中あたりに、「猫」の字が彫られています。年号とか、立てた人の名前は彫られていません。
(石黒伸一郎)

 

地震のあった翌日、川俣町の猫稲荷へ行って来ました。(2022年3月27日)


東日本大震災の時に倒れた猫像と、今回倒壊を心配していたお堂は無事でしたが、灯籠が1基倒れていました。


来月は礼祭があるので氏子さんたちが直すと思います。


それにしてもお堂は、やっと持ちこたえていると言った感じで、いつまで持つやら…

 


鳥居は痛んでいたので、去年氏子さんらが新しいものにしました。
(Abe Chisato)

 

 

●猫稲荷神社/福島県二本松市箕輪1丁目


赤い鳥居と赤い屋根の本殿覆屋の【猫稲荷神社】


養蚕業が盛んだった時代に、お蚕さんを鼠の被害から護る猫を祀り、養蚕豊量を祈りました。


東京農工大の横山岳先生より新しく猫の護符を発見したよ〜っとご連絡をいただき、訪ねたいと思っていた猫神社。
村田町歴史みらい館の「猫にお願い」企画展でも、養蚕護符と一緒に展示されていました。
集落の方が管理している神社なので、毎年初午に祭礼が執り行われ、猫の護符が(集落の人のみ)領布されるとのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です