カイコローグミーティング@永昌院2019

修験の寺・永昌院住職と語る会

「永昌院の蚕影山と金色姫 ~筑波・桑林寺からの勧請をめぐって~」

主催:葦桁山永昌院+シルク民俗研究会カイコローグ

日時:2019年9月29日(日)14時~

場所:永昌院 寺務所(東京都福生市福生1791)

参加費:1000円

懇親会:17時半頃~ 同会場にて(会費1500円)

13:30 開場・受付開始
14:00 開会
<ご祈祷>
14:20 第1部
<概要>
・蚕影信仰、金色姫伝説、筑波山と桑林寺など
・永昌院に伝わる御幣紹介
<榮海法印>
・石碑から読み取る榮海法印(幕末~明治)の生涯
15:30 第2部
<神仏分離から桑林寺の廃寺、その後>
・神仏判然令、修験道禁止とは
・当時の桑林寺と永昌院はどう対応したのか
・桑林寺の廃寺と解体移転 など
17:30 懇親会
19:30 終了

本年も永昌院(福生市)にてカイコローグの研究報告と学習会を行ないます。
今回は、蚕影山を勧請した当時の住職・榮海法印の生涯を中心に検証していきます。
その中で、筑波山の麓にあった桑林寺の役割と明治末期に廃寺に至る経緯など、
新たに判明した調査事例も紹介していく予定です。


また会場では、永昌院に伝わる養蚕信仰の独特の御幣や御札などの展示も行ないます。
(画像は昨年の様子)

永昌院では当日、のぼり旗「蚕影山金色姫」の奉納も受け付けています(1本5000円)

みなさまのご参加をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です