勝山市(1)平泉寺白山神社の三ノ宮

●平泉寺白山神社/勝山市平泉寺町平泉寺56-63

泰澄大師が女神に遭ったとされる【平泉寺 白山神社】
泰澄大師は秦氏の出身で、秦氏からの大きな援助があったとされていわれています。

白山神社の御祭神に有名な菊理媛尊は、平泉寺白山神社には出てきません。
宮司さんのお話によると、菊理媛様がお祭りされている白山神社は全体の割合でいくと凄く少ないそうです。
それと伊弉諾尊がお祭りされているのも本来の白山神社の神様とは違うとおっしゃっていました~、
あくまで白山の神様は女神で、伊弉冉尊が白山大明神だそうです。


何度も来ている平泉寺白山神社ですが、この鳥居を見ると、ピリッと気が引き締まります


御本殿 御祭神:伊弉冊尊

平泉寺白山神社の【三ノ宮】にお祀りされています栲幡千々比賣尊
福井では機織りの神様ですが、ここでは安産の神様となっております、伊弉冉尊の子供を取り上げた産婆さんの役割をした方という事になっております。
この栲幡千々比賣尊が菊理媛尊に変わっていったのではないかと私は思っているのですが・・


三ノ宮に行くためには奥の階段を登って行かねばなりません~~~

 
三ノ宮
栲幡千々比賣尊
安産の神様で、私がお詣りした際には、お母様と一緒に若い妊婦さんが願掛けに来られて居ました🎵


奥の大事な所にお祀りされているって事は、平泉寺白山神社の中でも、奥の院的な、とても神聖な大事な神様


杉木立と苔の組み合わせがとても合間って、翠の空間を演出している✨✨

(中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です