伊那谷(7)蚕玉様/刻像と文字塔

■像形

この地域では、舟に乗っていようが、馬に乗っていようが、
「こだま様」 の持ち物は、判で押したように同じパターン。

「右手に桑枝・左手に宝珠」

このタイプは、他地域にもありそうで、意外と思いつかない。、
ともかく 「こうあるべき」 という形が頑なに守られているのが面白い。
定形外の像は、他の地域から持ち込まれたものかも。

 

●大萱石塔群/伊那市西箕輪6810


「蚕玉」 の額


丸彫り:安政5年(1858)(保食神)

 

●春日神社/下伊那郡豊丘村神稲9986あたり


万延元年(1860)

 

●瑠璃寺(天台宗)/下伊那郡高森町大島山814


日吉神社境内

 

●南割石塔群/伊那市美篶3297

 

■文字塔

時代や地区の流行があるかも?
同地区内では近隣との違いを出すだめに文字を変えていたらしい。
ともかく、丸い(繭型)自然石であることは基本。

 

●瑠璃寺(天台宗)/下伊那郡高森町大島山814


「蚕玉大明神」 元治元年(1864)日吉神社境内

 

●大萱石塔群/伊那市西箕輪6810


「蚕王大明神」 明治7年

 

●塩木いきいき交流センター/駒ヶ根市赤穂3922


「蚕玉大御神」 明治17年

 

●福島観音堂/伊那市福島1925-4


「養蚕神」 明治45年 石寄附手良村那須野五之助

 

●塩木いきいき交流センター/駒ヶ根市赤穂3922


「蚕神」 大正9年

 

●駒ヶ嶽蚕玉神社/伊那郡宮田村中越6090-3あたり


「蚕玉神」

 

●馬見塚成田不動尊蚕玉神社/駒ヶ根市赤穂14-366


「蚕玉神」 昭和40年に稚蚕所に遷座された


「蚕玉神」


「蚕玉大明神」 昭和51年

 

■二十三夜塔

ついでに・・・

「二十三夜」 は勢至菩薩
女人講の存在をうかがわせるものが他にはなかった・・・かも。
安産・子授け系のものがないとは思えないけど。

自然石だが、蚕玉様と違って、丸石系ではない。

 

●春日神社/下伊那郡豊丘村神稲9986あたり

 

●瑠璃寺(天台宗)/下伊那郡高森町大島山814

 

●上牧八幡社/伊那市上牧7477

 

●仲仙寺(天台宗)/伊那市西箕輪3052


嘉永?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です