我孫子市/山一林組我孫子製糸所と周辺地域

<千葉県と我孫子市周辺の養蚕関連の歴史を概略>

千葉県は、明治中期まで絹産業はほとんど発達していなかった。
安政年間(1854-1860)、江戸川・利根川沿岸の流作地に桑栽植を奨励したが、
自家用の機織の原料になる程度の出来高だった。

▽安政05年(1858)横浜開港

▼明治20年(1887)蚕糸業組合例則を定め、養蚕伝習所を開設

▽明治27年(1894)日清戦争

▼明治28年(1895)巡回教師が養蚕組合を指導

▼明治29年(1896)常磐線開通

▼明治33年(1900)「蚕影山神社」 石塔●大聖寺/取手市小文間3940-1


養蚕家の中村熊次郎が建立。
常磐線の開通で筑波との縁が近くなったのかな?

 

▽明治37年(1904)日露戦争

▼明治38年(1905)繭の奉納額●松虫寺/印西市松虫7


印旛郡千代田村(現・四街道市)

 

▼明治39年(1906)「山一林組 我孫子製糸所」 が創業

我孫子は常磐線と成田線開通で集散地になったため、
長野県岡谷市の製糸会社が進出。
千葉県における最大級の器械製糸工場だった。

 

 
<我孫子駅近くにある説明看板

 

▼明治39年(1906)「蚕影山神社」 石塔●葺不合神社/我孫子市新木1812


講社願主:田村仁助、高田長兵衛、根本一郎兵衛、高田勝次郎
製糸工場創業を機に団結を誓ったのだろうか。


境内図に筑波山が描かれている。
信仰圏内だったのでしょうね。

 

▼明治40年(1907)千葉蚕種業同業組合を結成

▼明治43年(1910)「蚕影山」 石塔●竹袋稲荷神社/印西市竹袋141


講中。講と組合が再編成されていた頃かな。

 

▼明治45年(1912)中峠・布佐など養蚕組合結成

▼大正03年(1914)(我孫子地区)郡養蚕組合連合会を結成

▼大正07年(1918)「蚕影山大神」 額●蚕影神社/つくば市神郡2056


印旛郡布鎌村(現・栄町) 川上政吉

 

▼大正10年(1921)「養蚕神記念」 石祠●高台稲荷社/我孫子市布佐1220


(施主)清水菊次。養蚕家なんでしょうねえ。

 

▼大正12年(1923)「蚕影山神社」 石祠●足尾山神社/我孫子市中峠3708

 
下根古谷一同


明治後半、利根川沿いに桑畑が広がっていた。
しかし、この地域で利根川の流路が急激に湾曲していたため、
台風の襲来による河川の氾濫が絶えなかった。
そこで、明治44年から大正9年の利根川河川改修により流路を直線化し、
利根川は現在の位置を流れるようになった。


「古利根沼」 は、直線化によって取り残された利根川の痕跡だが、
現在も市境になっている。

 

▽大正12年(1923)関東大震災

▼大正14年(1925)「蚕霊塔」/我孫子市本町3-5-1


「山一林組 我孫子製糸所」 敷地内に蚕供養のために建てられた。
製糸工場は、昭和13年に石橋商店に引き継がれ、
昭和60年まで操業は続けられた。


(参考「我孫子市史研究」第15号「山一林組および石橋生糸の我孫子製糸所について」品田制子)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です