狭山湖/寺社移転と所沢絣

多摩湖・狭山湖というのは、西武鉄道が1951年に呼び始めた通称で、
正式名称はそれぞれ、村山貯水池・山口貯水池。

山口貯水池(狭山湖)は、埼玉県所沢市・入間市にあり、
1934年(昭和9)完成。
多摩川の羽村取水堰などからの導水を主要な水源としており、
ここから我が家のある武蔵野市の浄水場などへと導かれ、
東京都の上水道(飲み水)として供給されている。


狭山丘陵の一番奥をせき止めて人造湖を造るという計画によって、
山口村大字勝楽寺(しょうらくじ)の大部分と大字上山口の一部が
水没することになった。


この地域にあった佛蔵院・青照寺・天満天神社は現在地へ移転、
七社神社は山口・中氷川神社に合社された。

 

●堀口天満天神社/所沢市上山口436
祭神:菅原道真公、天穂日命、花園姫(?)

水没した山口村大字上山口の堀口集落から移転。
地域の名産である狭山茶の畑とのマッチングが美しい。


右/境内社・火消稲荷神社。
1929年、この地に移築した後、放火によって一部を消失。
しかし、奇跡的にご神体は焼失を免れた。
「これを機会に霊験あらたかな火消稲荷と称し、後世に遺していくことにした」 とのこと。

 

●星見山・清照寺/所沢市上山口439
本尊:大日如来

天満天神社の別当寺。寺紋は 「梅紋」 で天神社と同じ。
天神社は、坂を上った丘の上にあり、奥宮のような位置関係にある。
上記リンクのサイトには、清照寺の星見堂の写真がある。
天神社は、高台にあって天体観測所だったのかも?

 
門前には、かつての地域にあったと思われる石仏群。
一番手前は、道標を兼ねた 「馬頭観音」 天明2年(1782)。


<「庚申塔」 宝暦14年(1764)     「地蔵」 享和元年(1801)

 

●佛蔵院/所沢市山口1119

水没した大字勝楽寺は、勝楽寺仏蔵院(伝:奈良時代に創建)に
由来する村名で、狭山丘陵沿いでも有数の古い村だった。
現在地の仏蔵院には、勝楽寺村にあった石仏が移されている。


「筆子塔(筆子塚)」・・・江戸時代に庶民の教育機関であった寺子屋や家塾で、
読書算や実務教育を教わった教え子が、師匠が死んだ際にその遺徳を偲んで、
自分たちで費用を出し合って建てた墓である塚、または供養塔。
寺子屋は、今日の小学校のように7~8歳前後で入学し、入学後3年から5年程度の間で
読書算を習得させた。その生徒が 「筆子」 である。(by Wiki


「愛宕地蔵」 延享4(1747)


右端 「馬頭観音」 文化8(1811) 基台に方位が刻まれている。
きっと往来の多い辻に立てられていたのだろう。
馬頭観音=道中安全と言われるが、厄除けの意図が強い。

 

■山口村と所沢絣

強制移転させられた数は、6集落の282戸・1720余名(6人/戸)。
そのうち190戸が農業を営み、次に多かったのが織物業の20戸。
20戸というと少ないように見えるが、実際はほとんどの世帯で
副業で織物を行っていたようだ。
それらは、「機屋」 と呼ばれる。

所沢織物の主力は、縞木綿や絣木綿で 「所沢絣(飛白)」 と呼ばれる。
緯糸の数に特徴があり、「一本絣」 として知られた。


この地域の絣織りは、鎌倉時代には商品化され、嘉吉元年(1441)に
青梅の織物市場で 「青梅縞」 として地縞を取引したのが最初とされる。
青梅縞はその後、入間市・狭山市・所沢方面(現山口地方)に広がり、
弘化元年(1844)頃、所沢に織物取引が集約され、産業の基盤となる。

水没した勝楽寺村や上山口は、その織物生産の中心地域のひとつだった。
勝楽寺村には、湧水があったことから、文化年間には紺屋も存在していた。
藍・繭などは、換金作物として生産され、
「現金収入を得た豊かな村であったことが、残された石造物から偲ばれる」
そうだ。

織物関連の商売も盛んだったわけで、木綿紺絣ということは、
機屋から絣の反物を買い集めて問屋へ卸す仲買商の 「縞屋」、
機屋に綿糸を売る 「糸屋」、藍玉を売る 「染料商」 などが、
この地域にたくさん出入りしていただろう。
そして、物資を運ぶ馬車の往来も多かっただろう。

明治40年(1907)、武蔵織物業界の再編により、絹織物は飯能町、
綿布は所沢と分離された。
綿織物以外にも 「絹綿交織縞」 があったが、絹織物(及び養蚕)生産は
多摩地区と比べて、それほど多くなかったようだ。

高機(たかばた)の普及によって生産量は爆発的に拡大し、
明治中期に最盛期を迎える。
しかしその後、粗製濫造・洋服への転換などで、次第に衰退。

そして昭和初期、「機織りよりもダム工事がカネになる」 と、
女性もダムに働きに出たこと、そして地域の強制移転。

移転した住民は、織物を継承することなく、所沢絣は消滅した。

 

参考:「湖底に沈んだ村 勝楽寺村」、「所沢絣復元」(山口民俗資料館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です