相模原市緑区(佐野川)鎌沢・和田の蚕影社

佐野川に残っている蚕影神社。
合祀されたり、蚕山平から降ろしてきたりと増減はあるが、
最盛期はたぶん組合(部落)単位くらいで祀られていたと思われる。

 

  • 鎌沢の蚕影神社/相模原市緑区佐野川1212熊野神社境内

鎌沢への登り口は急坂で、これはしんどかった~
この上の方にある小さな集落は、かつて修験者のものだったそうな。

鎌倉時代後期に創建された熊野神社。
このうちの小祠が蚕影社だった。

4枚の木札が残っている。

表「(梵字)奉再建 蚕影山大権現鎮座」
裏「安政5年3月23日 施主 ?両組中」

表「(種字)奉修紫燈護摩火生三昧 蚕養安全 権大僧? 東善院」
裏「(消失?)」

安政5年(1858)に再建なので、それ以前から祀られていた。
3月23日・・・養蚕が始まる前の時期、23日は勢至菩薩の縁日。
東善院・・・現存しない?

この2枚はセットらしい。

表「奉納 蚕神社 大正11年7月16日」
裏「神奈川県鎌倉郡中和田村上飯田 盛進社 持田初治郎氏より寄贈せらる
祭司 小池幸次郎」

表「当社の蚕業組合より寄贈せられたるにより 本組合員組にて建立するものなり
組合人員裏面のごとし 現在十名」
裏「蚕組合長 小山延秋、組合員 鈴木解、小山太十郎、杉本幹、守屋宇吉、
守屋保治、大神田国太郎、相沢喜十郎、相沢金重、大神田新太郎

持田初治郎から金色姫像を寄贈されたので祠を組合で建てた、ということか。
像はどこかで保管されているのか、盗まれたのか・・・

二十三夜塔 佐野川念仏女講 文政12年(1829)3月
蚕影社が勧請されたのは、この頃なのかも?
3月といえば掃き立て前の予祝の時期だし。

 

 

●やさか茶屋/相模原市緑区佐野川597

この近くにもあるけど、場所は、蕎麦屋のおばさんに聞け、
ということでやってきました。
「もう食堂はやってないんですよー」だそうで、
手作りのあんこ饅頭とみそ饅頭を買ってみた。
もっちりした食べ応えあり!

蚕の宮の場所を教えてもらう。
「墓地の上にあるが何十年も行ってない。
八坂神社のお祭りの次の日が例祭だった」そうな。
「かながわの養蚕信仰」(新井清)によると、4月15日。

 

 

  • 八坂神社

お茶屋の隣にある八坂神社。
このお祭りは4月第3日曜らしい。

 

 

  • 和田の蚕影神社/相模原市緑区佐野川582あたり

この階段を上がって、畑の横を通り、墓地の上を登る。

途中に埋もれた稲荷、蚕影じゃないよ。
すぐに踏み跡もなくなり・・・遭難するかも~
あのおばちゃんも若い頃はここを上がったのか?

30mも行かないうちにあった(笑)
ここも尾根道の入口だったのだろう。

昭和32年5月の覆屋

「和田のコカゲサンは3社あったものを1ヶ所へ合祀したもの。
祠堂内木札及び祠堂側面に記されている紀年銘により昭和32年5月吉日が合祀の時期と思われる。
御神体は鋳金製の立像で、同形のもの3体と木札1枚があり、昭和32年5月吉日、奉蚕影神社の墨書銘がある」
(「かながわの養蚕信仰」新井清)

中は空っぽ 下の八坂神社か八幡社に移されたかも。
御神体の鋳像は、鎌沢と同様に持田初治郎の寄贈だろう。

▼「和田のコカゲサンのお祭り」
「蚕神様は蚕山にある。4月15日、各部落の代表が蚕山にお参りをしてから、各部落へ戻ってくる。
和田部落では、翌日の朝、蚕神様の登り口へ幟を立てる。
昼頃、小池家へ集まり、注連縄をつくり、蚕神様へ登り、掃除をしてから神前へお神酒を供え、一同が参拝する。
その後、皆(主に男性)がそろってお神酒を頂く。
宿は毎年小池家に決められている。
宿では、酒のほか煮物や揚げ物など、家でできるものを出した。
夕方まで養蚕に関する話などをしながら賑やかに過ごした」
(「かながわの養蚕信仰」新井清 聞き取り、昭和53年)

下岩の蚕影社で今も続いている例祭は、このコカゲサンのお祭りが継承されているもののようだ。
女性ばかりで集まる「コカゲサンのお日待ち」は、正月25日ごろに別に行なわれていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です