西東京市・東久留米市/養蚕絵馬と蚕影社

●西東京市郷土資料室/東京都西東京市西原町4-5-6


西東京市はかつて養蚕が盛んで、その集積地でもあった。
明治から大正時代にかけての青梅街道には、糸繭仲買人の店が多く見られ、養蚕道具ならたいていのものがそろっていた「かもじ屋」、お茶や養蚕に使う炭を扱っていた「山田屋」など養蚕に関わる商店が数多くみられた。
(展示説明より)


田無神社に奉納された養蚕絵馬。9枚のうちの2枚が展示されている。
(内山、上岡)

 

●南沢神明社/東京都東久留米市中央町2-4-26


「東村山市史・市川家文書」によると、
「明治13年4月 蚕影神社社殿建設につき正還宮祭典および同所境内において芝居興行開催案内状」(作成)南沢村・栗原済之進、(受取人)大岱村・市川幸吉
南沢村の栗原さんが「蚕影神社の社殿を新築したのでお祭りをやるよ」と送った案内状が資料としてあるらしい。
ウェブサイトにも「境内社・蚕影神社(祭神:雅彦命)」とあるので行ってみた・・・
が、なかったw
現在の社殿を再建する際に合祀したのかな。残念ですがこういう消滅物件はよくある。


悔しいので境内の稲荷と弁天さんの画像を貼っておきます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です