丸森町/猫神石塔と蚕供養碑

「まるもりの猫神さま」

養蚕が盛んだったころ、養蚕の大敵のネズミを駆除してくれる「猫」を大切にし「猫神」として祀ってきたようです。
猫神の全国的な分布を見ると東北地方や長野県など養蚕地帯が多く、その中でも宮城県、さらには丸森町に数多くの猫神が祀られています。
なぜ、丸森町に多いのかまでは分かっていません。
猫の形を浮き彫りにした石碑や、石像、文字が掘られたものなど数多くが発見されています。
石碑73基、石像7基が確認されていますが、その数は増え続けています。
猫神さまは町内各所で見ることができます。
(丸森町観光案内所ブログより)

 

●天神社/宮城県伊具郡丸森町中島

撮影は2018年、翌年の水害でこの付近は数十センチの泥に埋まり、石碑も流されてしまいました。


幸いにも石碑は無事でしたが、このような風景に戻るのかどうかはわかりません。
(Abe Chisato)


台風の被害が大きかった地区です(2021年5月)
境内の杉が長い間、水没していたので枯れてしまいました。
全部伐採されて、殺風景になりました。


境内にある「猫神」は文化7年(1810)で、東北最古です。
猫の絵があるのは安政5年(1858)です。
これは、2基とも泥の中から掘り出しました。いまは、標柱も立てられました。


同じく境内に、蚕供養の石碑があります。


(石黒伸一郎)

「村田歴史みらい館」館長の石黒伸一郎さんのご好意をいただいて冊子「丸森町の猫碑めぐり」を参考にマップを作成しました。表記は全数ではなく集中している地域のみ。
平地の桑園地帯ではなく、山間部の斜面地で養蚕をしていた集落がほとんどみたいです。
この平地の桑園地帯は、今は穀倉地帯にみえましたが、阿武隈川の氾濫原のような場所です。桑には向いている地味ということになりますか…平地部の桑園は明治時代だけなのかもしれません。
お隣の角田市あたりにもちらほらあります。

建立年が読み取れたものの記録によると、
▼江戸時代後期
文化7年(1810)~安政5年(1858)までの48年間に13基
▼横浜開港後
文久2年(1862)~大正3年(1914)までの52年間に19基(うち明治は14基)

宮城県丸森町の猫碑を1日探索してきました。
一緒にある、養蚕碑とともに報告します。
位置図と丁寧な説明が載った冊子「丸森町の猫碑めぐり」があるのですが、それでも場所がわからないところが多いです。
許可をいただいていますので、線刻など詳細が見えにくい石碑は、同書から拓本とイラスト、銘文などの情報を転載しています。
(下平武)2022年7月

 

●01細内観音堂


市街地のすぐ上にある「細内観音堂」、猫神様の案内板もあります。


猫碑の銘文「今朝のゆき、いきふじ花の、かたみかな」
天保5年(1834)11月吉日


一緒に蠶供養碑も2基。(右は文化年間)

 

●02福一満虚空蔵菩薩


市街地隣接の福一満虚空蔵菩薩の境内のもの。ここには養蚕碑はありませんでした。


天保6年(1835)

 

●03金ケ作前
金ケ作という場所で、峠という集落へ向かう道沿い。
見た目全くわかりません。


大正2年(1913)

 

●04白鳥神社
これは白鳥神社という小さな祠の傍らにあるものです。
かろうじて姿がわかります。二十三夜塔と並んでいました。


明治14年(1881)

 

●05大目集落


大目という集落にあるものですが、完全に人の家の敷地内の氏神様。
お留守だったので、隣の家の方にお話しし、立ち会ってもらっての撮影。
撮る角度で写ったりぼやけたり。


嘉永元年(1848)

 

●06和田西
共同墓地の無縁墓のある場所にあります。

 

●07石羽
古碑街道と言われる、石碑がたくさん並んでいるところにあります。首から先が破損しています。

推定:明治時代

 

●08和田東
県道の旧道沿いの新興住宅の際にあります。

 

●09五福谷
人家の前にあります。


明治28年(1895)


ここには鶴の供養碑という珍しいものもあります。

 

●10愛敬院
修験と思われる寺院の庭にあります。


嘉永7年(1854)

 

●11風呂石碑群
風呂という場所です。大内地区のまちづくりセンター(地区公民館みたいなもの)の横の公園にあるのですが、3基あります。


安政2年(1855)


そして驚くなかれ、蛇碑もあるのです。丸森には蛇碑が他にも、35基もあります。

カイコローグHPで、丸森と反対側の山向こうの福島市飯野の蛇神のレポがありますが、
宮城南部から福島にかけて蛇碑が結構あるようですね。
参考:福島市/蛇神と小手姫大神と蚕祖神

 

●12鬼ヶ柵山神社石碑群


鬼ヶ柵山神社という所の2基です。
台風で橋が流されてしまい、鬼ヶ柵山神社には、今は、ものすごい藪こぎをしなくてはいけません。


苔むしていて、ほぼわかりませんので、拓本とともに。

 

●13岩城西石碑群


2基


「蚕神碑」明治9年4月、「蚕供養塔」安政3年(1856)3月

 

●14大平山神社石碑群


猫碑(明治9年2月)と並んで蛇碑もあった。

 

●15沼端上神社石碑群


安政2年(1855)10月、嘉永4年(1851)3月

 

●16空久保下石碑群


蛇は双頭で、非常に珍しいです。

 

●17東福田

 

●18黒佐野石碑群


元治2年(1864)4月、文政4年(1821)3月


安政2年(1855)7月


「蚕供養碑」


「山犬石碑」もあった。

 

●19高田石碑群
高田という場所に2基あります。


明治22年12月


大正時代に作られたものですが、デザインがモダンです。
大正3年旧4月25日

 

●20佐野山神社

赤色の石に彫られています。
安政2年(1855)6月

 

●21青葉下

丸石に彫られたもの。

 

●22青葉上石碑群

「猫供養」文字碑
嘉永2年(1849)8月


お目目ぱっちりの線刻のものです。
明治42年旧5月15日

 

●23戦死塚石碑群
青葉地区の奥に登ると、もう相馬との境に近い場所に、戊辰戦争の戦場跡があり、そこの戦死塚という墓所に、猫碑があります。


道標「右さの道、左あふは道」


線刻のものがわかりづらいので、拓本・スケッチをつけます。
明治26年5月

 

●24熊野神社

(おまけ)熊野神社(もともとは青葉山神社)のお犬様の木像です。ご挨拶してきました。

 

●25平舘

石いっぱい使って表現しています。

 

●26早稲田観音堂

最奥の早稲田観音堂には、文字碑が2基。
ここ、撮影中に後ろの山の藪で低いうなり声(地元の人によると猪じゃないかとのこと)、慌てて撤退しました。読めないので、拓本を付けます。

 

●27和田薬師堂

少し下って桜の大樹が生えている薬師堂。


ここには首の取れた猫像がありました。言われないとわからないです。

 

●28平松前

もう一つの谷を詰めたところが、平松という所。
個々には、かろうじて猫と分かる猫像がありました。


祠は、養蚕神社です。


この平松には、もう一か所あるのですが、竹藪の中、完全に崩壊していて、すでに何が何やらわからない状態になっていました。地主や祀り主さんにも来ていただき、確認しましたが(代替わりしていて世話をしていなかった)、石祠等は部品になっている感じ。何があったのでしょうか?
一応、以前の画像と拓本などを、「丸森町の猫碑めぐり」から転載しときます。

 

●29峠観音堂


峠という場所の観音堂にあるのが、この赤っぽい石のもの。何が描いてあるのかわからないので、拓本で。
明治31年

 

●30革踏石石像

猫の丸彫り、明治2年(1869)。こんな急な階段の上に。

 

●31桃泉寺

(阿武隈川の西側)耕野という所の桃泉寺というお寺の門前にあるのが、絵入りの文字碑「猫供養」。
これはなかなか可愛かった。
明治35年、施主:山崎やを(女性名)

 

●32西円寺石碑群
西円寺という結構大きなお寺の参道に8基まとめてあります。
土砂降り&夕暮れになり、画像が乱れています。
その上、何がなんだかわからない、摩滅した石碑が多かったので、拓本中心に。


昭和5年(1930)施主:大槻うん(女性名)


明治34年(1901)


慶応3年(1857)


5号碑の写真はどうも撮影していないようなので拓本のみ。


明治26年(1893)


拓本の7号碑などはどう見ても猫には見えなかったりします。


明治31年(1898)菅野よ志(女性名)


「蚕供養」

これだけの猫碑が密に分布している理由としては、石黒さんともいろいろとお話し中なのですが、高遠とはまた一つ次元の違う、丸森石工みたいなのがあったのではないかと思っています。石の形を活かした石碑、例えば丸い石だったら、その丸い所を猫の体に見立てて造作するみたいな、それなりの技が発揮されているからです。これは猫神碑だけでなく、大黒様の石碑などもそんな感じで作られています。
また、オリジナルな石碑、例えば「一代塔」(これは別にまとめた冊子が出ているくらいで、相当数ある)とか「鶴供養塔」(これは伊達藩で盛んだった鷹狩りと関連するもので、あらかじめ獲物として大変喜ばれた鶴を捕っておいて、鷹狩り当日に放鳥する)みたいな他には見られない特殊なものもあり、かなり石碑に関しては特殊な地帯と言えそうです。「蛇碑」も結構凝ったものもあり、相当分布してます。
(下平武)
*拓本などは冊子「丸森町の猫碑めぐり」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です