松代町/西陵氏霊碑と龍精之碑

●東条の石仏群/長野県長野市松代町東条1875


「西陵氏霊」の碑
伝説によれば中国の3皇の一人黄帝の后といわれ、絹と織物の製法を築き養蚕を教えたことから養蚕神として祀られている。

「竹原のお日待ち」
松代町東条竹原地区では、年2回四月と十月に全住民参加で催されます。
養蚕と五穀豊穣をお祈りして盛大に行われる。
東条竹原公民館の床の間には伝承として「お日待ちの掛け軸(西陵氏霊)」が掛けられる。
(「信州松代シルクロードアーカイブ」より)

 

 

●明真寺/長野県長野市松代町1127


明真寺


明真寺にある佐久間象山筆の「龍精の碑」
龍精=蚕みたいに書かれていたが、清滝自体も龍のようで、奉納額にも龍があったので、それにかけたのかもしれない。


清滝観音堂のご本尊は「養蚕観音」とも呼ばれている。


清滝奥ノ院阿弥陀堂


清滝阿弥陀堂の清滝の左側にも「龍精の碑」(写したもの)が建てられている。


おまけのように見ることができた石造物がなかなかすごかった。


この箱型の庚申塔は、長野南部では珍しいが、松代にはゴロゴロあった。


「みずはめのめかみ」この文字の石碑も珍しいもの。

(下平武)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です