武蔵野市/武蔵野ふるさと歴史館「お蚕さまの家」

●武蔵野ふるさと歴史館/東京都武蔵野市境5-15-5

「武蔵野ふるさと歴史館」で「お蚕さまの家」という企画展が行なわれていたが、コロナ禍により休館となって見に行けなかった。ようやく開館したので、学芸員さんに話を聞きに行った。


武蔵野市域では、江戸末期頃から養蚕が始まり、明治22年には武蔵野村の87%の家庭で養蚕業が営まれていた。しかし戦争中に途絶えたようだ。
桑畑は明治39年の地図を見るとあちこちにあり、市域の1割強ほどあった。なんと吉祥寺駅前には、どーんと桑畑が広がっていて悔しい(笑)
今はサンロード商店街の中にある月窓寺でも桑市が開かれていた。ダルマ市もやっていたかも。


明治期の「桑繭仕入帳」など古文書も残っていて、市史に納められているそうなので調べてみたい。


図録など配付物をいただけます。


養蚕の道具はいろいろ収集されているようだけど、信仰については「蚕影山の護符が1枚なんとか見つかっただけなんです」とのこと。市史によると蚕影講があって「日待ちの際、養蚕の話をしたり養蚕指導員を呼んだ。(筑波蚕影本社への)代参も行なっていたが養蚕の衰退によって自然消滅した」とある。


常設展示。井の頭池には染物屋が寄進した灯篭?があるらしい。気づかなかったなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です