福生市(7)永昌院の繭玉飾り

小正月の繭玉飾りを毎年やってるという話をうかがって、参加してきました。
毎年1月14日につくってご祈祷して、15日はそのまま飾り、16日か17日くらいに崩す。
米粉で団子をつくり蒸してしばらく置いて十分固まったら枝に刺して飾る。
枝は「樫(かし)」を近所の信者さんが切って持ってきてくれる。


まずは境内に祀られているもろもろの祠に団子を1つ刺した小枝を供えていく。


本尊の不動様と蚕影様には、団子2つをつけた枝を供える。


それから座敷の大振りな枝(石臼に立ててある)に団子とミカンを刺していく。
団子の数は23個とされていたが、今はだいたいの数でよい。
その昔は、五色の紙垂も飾っていたと伝わっているが、先代も見たことがないと言っていたそうな。
そのときは葉っぱのないツゲの枝だったのかも。
それにしてもやっぱり葉っぱが多いかも(笑)


飾り終わって完成・・・ではなく、その飾りの前でご祈祷する。


御幣は基本的に「荒神様」「金色姫」「蚕影山」の3点セットをお祀りするのですが、繭玉飾りを「蚕影山」とするので、「荒神様」「金色姫」を新たにつくって置いてある。


神仏習合の「神祇講式」という修験道の祝詞のようなお経のようなものを奏上(読経?)
般若心経も護摩とは違って優しいトーンでした。

飾りつけと祭事の後は、昔は宴会やってたそうです(それが目的というかw
とても素晴らしい祭事だったので、来年はもっと集まって「繭玉飾り&茶話会」みたいにできるといいがなーと思いました。


ここでご祈祷された「金色姫」の御幣をいただきました。
希望される方は、このように切って祈祷してから授与となるので、事前に申し込みが必要で、受取日もご相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です