越生町/稲含イナフクミ様

●稲含神社/埼玉県入間郡越生町黒岩 五大尊明王

五大尊明王堂へ登る途中にあります。
祭神:豊稲田姫
土蔵みたいな社殿ですが、元々は黒岩に祀られていた八坂神社の御輿蔵だった。
繭を収めた額が奉納されているそうです。

越生教育委員会と観光協会の説明文によると
〔イナフクミ様と咤枳尼尊天 〕
この社はイナフクミ様と呼ばれている。
群馬県甘楽郡甘楽町と下仁田町の境に聳える稲含山(標高1,370m)に鎮座する稲含神社は、五穀豊穣と養蚕の神として、古来地元の人々に篤く信仰されている。
稲含と云う名は、神社を創建した南天竺(インド)の王女、豊稲田姫が国を追われる際、密かに稲穂を口に含み、我が国に稲作を伝えたことに由来すると云う。
イナフクミ様は、いつの世かに稲含神社から、ここ黒岩の五大尊境内に分祀分霊されたものと考えられる。
イナフクミ様は、この地一帯の豊蚕を祈願する養蚕農家から広く崇敬されてきた。

(佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です