上田市/座摩神社の蚕神社号

●座摩(ざますり)神社/長野県上田市上塩尻1284


ここは何もないんだろうなぁと思っていたら、思わぬ社号額があった。
「正一位養蚕国大明神」とあった。

説明文も興味深い。


<由来説明より>
古くからこの地方に伝承されている由来は、元正天皇(氷高皇女)の養老元年(717)に郷里で既に蕃殖していた養蚕の守護を祈って保食神をこの山頂に祀り同年絹の調(みつぎ)を奉ったと伝えられ、山路が嶮しく参拝に苦しむため寛文2年(1662)里宮を現在地に遷されたといわれます。
文化9年(1812)2月、京都吉田家より「座摩神社正一位蚕養国大明神」の社号免許をうけ、これに相応して、同年2月現社殿が建設され、明治29年(1896)4月在村205戸と他区町村よりも両分に及ぶ多額の寄進を仰ぎ大工事が行われました。
例祭は八十八夜でした。かって養蚕の全盛期には「蚕影神社」として広く近郷は勿論、東北信の人々から崇敬され多数の参拝者により豊蚕祈願は盛況を極め、四本柱の奉納相撲(昭和6年迄)から山車まで繰り出されました。
当時の経済を支えた養蚕によってわが郷土の発展の基となり幾多先輩の偉大な業績は豪壮な社殿・絵馬殿などに貴重な歴史を物語るものとして吾々はこれを保存し将来に伝える責務を感ずるものであります。
昭和61年(1986)上塩尻神社協議会


そこからさらに奥に10分ほど歩くと虚空蔵堂がある。気持ちいい山歩き。

(下平武)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です